ぶどう狩りでぶどう界のサラブレットを味わおう

ぶどう狩りでぶどう界のサラブレットを味わおう

ぶどう界のサラブレットと呼ばれる品種

ぶどうには様々な品種がありますが、ぶどう界のサラブレットは何かご存知でしょうか。ネオマスカット、紅アレキ、甲斐路、ピオーネなど、有名なぶどうの品種の中でも、ロザリオ・ビアンコは「ぶどう界のサラブレット」と呼ばれています。ロザキとマスカットオブアレキサンドリアという、ぶどうの優良品種をかけあわせたまさにサラブレットと呼べる高級品種です。
特徴は、たまご型の房で黄緑色。そして、皮は薄いですがしっかりとした大粒の実をつけます。糖度も高く酸味が少ないのでとても食べやすく、山梨県や長野県などで栽培されており、ぶどう狩りも楽しむことができます。

おいしく甘いぶどうの育て方とは

甘くておいしいぶどうの育て方はどのようなものでしょうか。ぶどう狩りに行くと、ぶどうがどのような環境で育てられているのかを直接目にすることができます。ぶどうは土の湿り気を嫌い、水捌けのよい地層を好みます。ぶどうの葉の水分の量には限界があるため、摘房や摘穂を行い剪定していき栄養が行き渡るよう工夫していき、さらに摘粒で実を大きくしていきます。
木の力に見合った実の数にすることで、甘さは格段に増すとも言われています。ぶどう狩りの際に、甘くなるための工夫をどのようにしているのかなど、ぶどうの育て方を聞いてみるのもよいかもしれません。

ぶどうのおいしい食べ方とは何か

ぶどうを美味しく甘く食べるのであれば、ぶどうの房の先端のほうの実から食べてみましょう。おいしい食べ方として、ぶどうは一般的に房の方が甘いといわれているので、先に先端の実を食べることで甘さが増していきます。選び方としては、マスカットなどの黄緑色のぶどうは黄色がかったほう、ピオーネなどは色の濃いものが甘いとされています。
また、ブルームという白い粉が表面についているほうが健康的なぶどうとされています。さらに茎の太いものを選ぶとよいとされています。ぶどう狩りに行く際は、これらを参考に選び味わってみてください。ぶどう狩りは目と舌でおいしい食べ方を学びながら味わえるので、是非おススメです。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます

ぶどう狩りでぶどう界のサラブレットを味わおう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム