ぶどう狩りでマスカットを食べるオススメの方法

ぶどう狩りでマスカットを食べるオススメの方法

マスカットはぶどうの中でもみずみずしい

家族連れやカップルのデートで行くのにもハズレが無いのがぶどう狩りです。旬が7月から9月なので、その時期しか楽しめないイベントです。そのため、旬の時期になると沢山の人々がぶどう狩りにやって来て、好きなぶどうもいで食べることができます。スーパーで買ってきたものではなく、もぎたてと言うのが、最大の楽しみですよね。
特にぶどうの一種であるマスカットは、ぶどうの中でもみずみずしさと香りが強いのが特徴です。かの有名な古代エジプトの女王、クレオパトラも好んで食べたという伝説が残るくらい、はるか昔から人々に好んで食べられてきた果物です。

マスカットの産地は温暖な気候の岡山県

マスカットの日本の産地と言えば岡山県です。元々温暖な気候の岡山県はぶどうを育てる環境として最適で、他にも沢山の果物の産地として知られています。中でもマスカットは岡山県の名産品として後押しされていて、スーパーに出回るほとんどが岡山県産です。そのため、岡山県ではぶどう狩りが盛んで、各地方面から人々がやってきます。
海外でも徐々に有名になりつつあり、中には旬の時期に来日した外国人観光客の姿も見られ、予約制のところは早めに予約しなければ満杯ということもありますから、予定が組めたら即予約することをオススメします。最後の方は完売しているところもありますから、行く前に電話で一度確認してみてもいいです。

マスカットのおいしい食べ方は、皮ごと食べる

ぶどう狩りに行って取った、もぎたてのマスカット。どうせならおいしく食べたいですよね。おいしい食べ方と言えば、是非、皮ごと食べてみるのが一番です。普段、果物の皮を食べない人も多いですが、皮にも栄養が含まれており、皮によって独特のみずみずしさが保たれています。それを食べる前に皮を取ってしまうと、せっかくの汁が垂れてしまうため、おいしさを逃すことになってしまいます。
そのため、普段は皮を取って食べる人も、皮ごと食べた方が、口の中で閉じ込められたみずみずしさを楽しむことができるので、できれば皮ごと食べてしまうのがおいしい食べ方としてオススメします。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます

ぶどう狩りでマスカットを食べるオススメの方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム