九州の漁業体験では定置網漁を行う

九州の漁業体験では定置網漁を行う

九州で定置網漁を行って海の幸をいただく

漁業体験ができる場合には魚を取る作業ができる場合が多くなります。よく知られる方法として魚釣りがあります。趣味で行う人もいるぐらい手軽に行うことができます。一人でも行うことができます。その他の漁業体験では定置網漁があります。これは一定の場所に網を仕掛けておき、そこに魚が入ってくるのを待つ方法です。九州では定置網の漁業体験を行えるところがあります。
実際に仕掛けるところも体験ができますし、仕掛けた網を引き揚げる体験もすることができます。仕掛けるときはいわれるがままですが、引き上げるときはどんどん魚が引き揚げられる様子を見ることができるので楽しみが増えます。

秋の漁業体験では海の幸山の幸が食べられる

漁師町と言えば魚介類しか食べ物がないように感じることがありますがそうではありません。港が山に接しているところでは山の幸などもたくさん取れるところがあります。秋に漁業体験に参加すると海の幸の他に山の幸も食べることができるところがあります。九州の港などではすぐ山があったり、農業も一緒に営んでいるところがあります。
秋に行った時には両方の食事が楽しめます。漁業体験に来てあまり魚が食べられない人もいるかもしれません。その場合には山の肉などを食べることができることもあります。旅行とは異なるので、それぞれの家などで適切に対応してもらうことができます。

おすすめは体験後にクルージングが楽しめるところ

漁業をする人にとって海は仕事場です。荒れている中で行うこともあるので厳しさを感じることもあります。その一方で海は美しい風景も見せてくれます。漁業体験でおすすめのコースではクルージングの企画のあるコースでしょう。クルージングと言っても専用の船などが出るわけではありませんが、サンセットクルージングなどを楽しめるようなところもあります。
その季節にしか見ることができないところもあるので、秋は特におすすめかもしれません。夏場だと暑く、冬場は非常に寒いです。九州の秋はそれほど寒くないので朝も昼も夜も過ごしやすいです。その中で仕事の体験から食事などができます。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます

九州の漁業体験では定置網漁を行う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム