北海道での漁業体験で鮭の加工の仕事

北海道での漁業体験で鮭の加工の仕事

北海道で鮭からいくらを取ったりする

おにぎりのお供と言えば鮭があります。コンビニなどでも人気の具です。鮭がどこで取られるかですが、日本では北海道が知られています。鮭は川で生まれ、そののちに海を回遊して、産卵のためにまた川に戻ってくるとされます。北海道の川には鮭が戻ってくる川があります。その川での漁業体験として鮭の加工の仕事ができます。鮭は身もおいしいことで知られていますが、そのほかにはいくらも珍味の高級品として知られています。
普段はなかなか食べることができない、見ることができない、触ることができない食材ですが、漁業体験だからこそ生の状態から見ることができます。

春にできる漁業体験にいくらの加工

高級お寿司のネタとして知られるのがいくらです。赤いダイヤと言われるくらい高級できれいな色が特徴です。実は鮭の子であることはあまり知られていないかもしれません。春の漁業体験でできることとして鮭から採取したいくらの加工があります。鮭のおなかに入っているときから粒状になっているわけではありません。最初は固まっています。
それを一粒一粒つぶさないように分けていきます。網のような道具にそっと塊を押し付けると少しずつ分離することができます。春の3月くらいから始まるので、早めに利用するとよいかもしれません。その後にはそのイクラをしょうゆ漬けなどに加工します。

鮭の漁業体験おおすすめは自分で加工して食べる

親子どんぶりと言えば通常は鶏肉と卵を使ったタイプが知られています。海の親子丼として北海道である食材が使われることがあります。それは鮭です。鮭の身といくらをご飯の上に乗せた丼です。おすすめの漁業体験として鮭の加工をした後にそれらの食材を実際に味わえるコースです。鮭の身は生でもおいしいですし、鍋に入れる、焼いてもおいしいです。
いくらのおすすめの食べ方は何といっても温かいご飯の上にかける方法でしょう。コースを利用するときには交通機関がしっかりと整っているところを利用しましょう。タクシーで送迎をしてくれるコースであれば少し離れているところでも安心して行けます。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます

北海道での漁業体験で鮭の加工の仕事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム