東北での染物体験について。

東北での染物体験について。

東北で染物体験をしてみませんか

染物体験という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。自然の木々や実、花などのもつ自然の色素で布を染め上げる伝統的な染物を体験できます。合成の染物と大きく違うところは、合成の染物が毎回均一に同様なカラーを出せるのと違い、自然の染物はなかなか染まりにくかったり、思うような色がでなかったり、染まり具合にしても統一したものを作ることがとても難しいです。
同じ染め上がりが2回とできないことをマイナスととらえるのではなく、自分の、その瞬間に偶然作り上げた唯一の作品、ととらえるとまたとない素敵な体験となります。東北での染物体験に参加してみませんか。

染物の種類・材料は自然のものを使います。

染物の種類・材料はさまざまです。染物の種類としては樹木や実など植物を使用する草木染がメジャーです。使われる植物としては、乾燥させた根を赤色の染料として用いることができる、アカネや花弁を黄色、赤色の染料として用いることができるベニバナ、乾燥させた葉などを青色の染料として用いることができるアイなどは一例でたくさんの色をさまざまな植物で抽出することができます。
また絞り染めという手法があり、一部を布の箇所を絞ったりすることで染め具合に敢えてムラをつくったり模様を意図的につくる手法もあり、染める時間や色と色の配合を変えるだけでなく模様についても自分のオリジナルデザインを作ることもおすすめな点です。

染物体験をするおすすめポイント。

染物体験ではさまざまな工程が経験できます。ちまたにあふれる量産されたファストファッションは流行の色、形で気軽に購入して着用できますがそこに対して感謝も大事に着ようというおもいいれが起こりにくいのも事実です。昔は染色といえば、染物の種類・材料にもよりますが、色を付けるところからでした。水を使い大変な作業ながらも色を選び、工夫しながら望む色を作り出していました。
そうやってできた染物には愛着といとおしさが湧くはずです。この複雑な工程を心を空っぽにして体験することにより、日頃のストレスも解消でき、新しい視点を持つこともできるはずです。そういう点でも1度は東北での染物体験をしてみることをおすすめします。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます

東北での染物体験について。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム