ウェイクボードを始めるにあたって

ウェイクボードを始めるにあたって

沖縄で体験できるウェイクボード!

ウェイクボードはトーイングドライバーの技術に左右されるスポーツですが、それは初心者が上達する事に関しても当てはまります。それ故、安全に上達するためには経験豊かなインストラクターによるドライビングが不可欠となるわけです。ウェイクボードスクールを選択する際には、受講料云々よりも経験と実績のあるところを視野に置いたほうが良いといえるでしょう。スクーリングでは、数名のグループで乗船しますが、その際にもドライビングしやすいポジションになるよう心がける事が大切です。それは良い引き波を作る事にもなり、延いては自分の為にもなるからです。沖縄にもそうしたスクールが数多くあります。

年齢を問わず楽しめる!

ウェイクボードは水上のスノーボードと言われるように、水上をすべるのは勿論、跳んだり、回転したりが楽しめます。一見難しそうで、危険な感じがしますが、実はスノーボードと比較してボードを乗りこなせるようになる時間はかなり短いのが一般的です。また、初心者の場合は曳航するスピードがそれほど速くないので、怪我をしたりする事もありません。それ故、年齢を問わず子供でも楽しむ例が多くなっており、中にはプロとして活躍している子もいます。ボードに乗ってジャンプするには、引き波をうまく捕まえる事が大切になります。それ故、ウェイクボードを楽しむには、曳航者の技術が重要になってくるわけです。

制限無くトーイングできる場所

原則としてウェイクボードは、動力の付いた曳航船が制限無く航行できる場所なら何処ででも行えます。但し、ジャンプするには整った形の引き波に乗る必要があるので、荒れた水面は適さないと言えます。それ故、荒れた海などよりも流れの穏やかな川や湖がこのスポーツには向いている場所となるわけです。そしてトーイングビーグルと称される曳航船ですが、厳密に言えばウェイクボード専用線が最も適した手段だと言えます。それは、スクリューをはじめ船の形に至るまで、航行によって形成される引き波の形が計算されているからです。大きい船ほど上級者用の大きな波になるので注意が必要です。

ウェイクボードを始めるにあたって

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム