セグウェイの進化!Segway HTシリーズからPT シリーズへ

セグウェイの進化!Segway HTシリーズからPT シリーズへ

i2 seシリーズとx2 シリーズの違い

セグウェイの第一世代機であるSegway HTシリーズが発表されてから5年、それまでのハンドルグリップによる回転操作から、足元から伸びる棒状のステアリングを左右に傾けることで回転できるようになったSegway PTシリーズが発表され、操作性をより格段に向上させました。セグウェイ PT i2 seモデルは、室内外問わずに走行ができるセグウェイの代表的なモデルです。セグウェイ PT x2 seモデルは、低圧ワイドタイヤにより未舗装路など荒れた路面でも、スムーズに走行することができます。他にその特徴を生かした芝用タイプやゴルフタイプがあります。Segway HTシリーズよりも、さらに充実したラインナップとなっています。

セグウェイの最高距離・充電時間・最高速度など

充電時間は両シリーズとも、目安として8~10時間です。コンセント差込口に充電コードを差し込むだけで充電が開始されます。セグウェイのバッテリは、リチウムイン電池を使用しているので、継ぎ足し充電が可能です。最高速度もは両シリーズともに時速約20㎞です。最高走行距離はシリーズによって異なります。i2 seシリーズは最長38㎞まで走行可能です。一方、x2 seシリーズは最長19㎞となっています。重量や路面状況などによって異なりますが、これらの特徴から、路面状況が悪ければ同じ電力でもかなり消費されてしまうということが分かります。

セグウェイの本体価格とリースの場合

新車の本体価格は、i2 seシリーズは92.5万円。パトローラータイプでは100万円を超えます。iz seシリーズは98.7万円と値段が少し上がります。中古でも販売しており、価格の目安は50万円ほどです。また、レンタルも承っており、短期レンタルは1週間で9.5万円~、1ヶ月で15万円~です。長期レンタルでは半年では月11.5万円~、1年では月6 万円~となっています。最近では、警備やイベント、ツアーなど様々な場面で活躍しています。値段も決して安くはありませんが、走行中に排気ガスを出さないセグウェイは環境保護にもつながる乗り物です!

セグウェイの進化!Segway HTシリーズからPT シリーズへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム