Segway HTからiシリーズへと変化を続けるセグウェイ

Segway HTからiシリーズへと変化を続けるセグウェイ

iシリーズというセグウェイ

セグウェイとは一昔前にワードが一人歩きして流行った乗り物です。 このワードだけを聞くと「セグウェイ」という名義だけかと勘違いされる方々が多く居られますが、セグウェイというのは飽くまで乗り物の名称で、車や家電と同じく様々なシリーズ名が存在しています。 現在ではiシリーズなどが真新しいセグウェイとなっています。 初期ではSegway HT(セグウェイHT)シリーズが主流でしたが、現在では発展系のiシリーズが主流となっており、Segway HTと比べても様々な面で性能が向上している傾向にあります。 そしてiシリーズの真新しいのが「i2 SE」などのバージョンになります。

iシリーズの充電時間・最高速度などはどうなっているのか

現在ではi2SEなどが真新しいバージョンですので、このバージョンに基づいて話します。 カタログスペック上は、充電時間がおおよそフル充電で8時間から10時間で、走行距離は最長約38kmまで走行稼動が可能となっています。 最高速度は約20 km/hで、積載重量対応は約45~118kgまでとなっています。 これは初期のシリーズと比べてもかなり性能の向上が見られます。 初期のシリーズはおおよそ走行距離が20kmあるかないかぐらいでもあったからです。 ただ、充電時間はさほど大きな変化は無く、どちらかと言うと省エネルギー化の発展系と言える形です。

気になるセグウェイの本体価格は悪い意味での驚きの値段!

セグウェイの本体価格はどれぐらいのものなのか、気になる人は多いと思います。 ですが、聞いて悪い意味で驚く人が続出するかもしれません。 このi2SE系は基本モデルで公式の値段が現時点では税抜きで925000円になり、そして納車調整費というものも必要になり、更に税抜きで20000円が必要になります。 その為、税込みや他の諸費用込みになると100万円を越す値段となります。 これは、まだ幅広い流通と需要が起きていない事による価格の低下には至らない状況が背景にあります。 ですが、この乗り物自体は他のシリーズでも似た様な値段です。 その為、必要になった際には検討の要素の一つぐらいには考えておくのもいいかもしれません。

Segway HTからiシリーズへと変化を続けるセグウェイ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム