甲信越でセグウェイに乗ってみる?

甲信越でセグウェイに乗ってみる?

甲信越の山梨県でセグウェイ体験

セグウェイは電動式の2輪車として、2002年に売り出されましたが普及しませんでした。しかし、近年観光地などのガイドツアーなどで此の乗り物が使われだすと、物珍しさも手伝って瞬く間に世界各地の著名観光スポットで導入されるようになりました。普及に関しては、セグウェイの扱いやすさが広まった事と、ネットでのクチコミが情報手段として定着した事が挙げられるでしょう。日本では茨城県のつくば市に続いて東京都の二子玉川駅周辺でも、セグウェイの公道走行が許可制で認められることになりました。これを機に全国でも普及に弾みが付くと予想されています。甲信越のl山梨県をはじめ各地において、講習付きツアーが開催されています。

山梨からのアクセスに便利なツアー

セグウェイの操作は、重心の移動によって行い、スピードは時速20キロほどです。一度の充電で35~40キロメートル走行でき、動きをセンチメートル単位で制御できます。それ故、人混みの多い観光地等でも活躍できるわけで、世界の観光地では実際に公道を走っています。山梨からのアクセスに便利な体験ツアーは、まだ草原など限られた場所になっていますが、体験乗車などで認知度が上がれば、公道で自由に走行できる機会が増えてくるでしょう。講習付きのツアーでは、初心者講習を30分ほど行い、その後ガイドが付き添ってドライビングにでかけます。草原などではタイヤがオフロード仕様になっており、セグウェイのパワーを楽しめます。

体験プランの価格について

セグウェイのツアープランは、体験的なものから本格的なものまで様々ですが、2時間以上の本格的ツアーの料金相場は凡そ8000円です。リチウムイオンの充電式バッテリーなので、そうした長い走行にも充分対応でき、パワーが衰えずに乗り続けられるわけです。今後、さらに世界中で認知度があがり、普及台数も増加すれば、生産コストも抑えられ、価格も下がる事でしょう。また、技術が進んでよりコンパクトになれば、新しい移動手段として、社会インフラも整備され始めると考えられます。高齢化が進む社会の、新しいネットワーク作りの手段としてもその活躍が期待されます!

甲信越でセグウェイに乗ってみる?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム