流氷カヤックにおすすめの時期は

流氷カヤックにおすすめの時期は

早くて1月には流氷が

毎年冬になると、北海道では流氷を求めて多くの人々が訪れます。流氷は日本より遥か北方のシベリア大陸沿岸で12月頃に発生し、その後ゆっくりと海面を移動して日本海域へと漂流します。このシーズンになると流氷に関わる多くのレジャーやツアーが開催され、中でも開催期間が短い流氷カヤックは毎年一際注目されています。流氷カヤックは参加人数にも限度があるため予約の競争率も高く早いと流氷到着前の1月から問い合わせが多くなります。近年では、早くて1月下旬から北海道オホーツク海沿岸で確認されていますが、その年の気候によって大きく変動するため確かな期間は定まっていません。

2月は流氷シーズンのピーク

早くて1月下旬より北海道、知床周辺の海域に漂流した流氷は日を追うごとに南下し2月に入るとその迫力もピークを迎えます。細かな流氷群はやがて大きな塊となり、陸地近くや波の静かな場所でやがて接岸します。流氷カヤックでは流氷と流氷の間をすり抜けるようにカヤックを漕いでいくため、流氷が最も接近する接岸前の期間が最適なコンディションとされています。接岸を迎える少し前にツアーの予約が取れると当日は最高の景色やスリルを楽しむことができます。ベストなコンディションでの参加を希望する場合は流氷情報のこまめなチェックが必要不可欠です!

3月もまだまだ見逃せない

2月中旬頃から流氷が接岸し、数日間は大迫力の流氷を眺めることができますがこの期間はそう長くは続きません。また、接岸している間は流氷カヤックを楽しむには少々難がある場合が多いので旅行期間と流氷接岸のタイミングが大変重要になってきます。近年では流氷の到着や接岸時期が年を重ねるごとに遅れており、3月に入っても接岸状態が続いている場合も予想されます。3月に流氷カヤックを楽しむなら流氷が流れだし離岸し始める時期か流氷が溶けだして大きな塊が崩れ始める時期などがおすすめです。この時期は春休みシーズンということもあり多くの観光客が訪れますが、流氷の状態とツアーの日程が合わせづらい時期でもあります。

流氷カヤックにおすすめの時期は

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム