流氷カヤック体験の際に立ち寄りたい場所

流氷カヤック体験の際に立ち寄りたい場所

世界遺産の地で体験する流氷カヤック

一年の中でも流氷が流れ来る限られた期間にしか体験することのできない流氷カヤックは、年代や性別を問わず毎年多くの人々が流氷カヤックツアーに参加しています。流氷は日本より北に位置するシベリア大陸沿岸で発生した氷で、アムール川から流れこんだ川の水が凍ってできているためほとんど塩分を含んでいません。この流氷群は早いと1月下旬から日本の北海道オホーツク海沿岸に漂流し、3月中旬頃まで確認することができます。中でも知床は流氷を見られる数少ない場所として2015年にはユネスコ世界遺産にも登録されました。北海道に訪れた際には、未だ手つかずの自然を残した世界遺産の地での流氷レジャーを楽しむことをおすすめします!

知床に行くならゴジラ岩を見よう

世界遺産の地、知床には流氷カヤックなどのツアーはもちろん見逃してはいけない有名スポットがあります。それは観光雑誌にも多く掲載されているオロンコ岩と隣接して佇む、ゴジラ岩です。ゴジラ岩は知床の入り口でもあるウトロに位置し、高さ約15メートルという巨大な姿で毎年多くの観光客を出迎えています。長い年月を経て形を変えてきたゴジラ岩はその名の通り、大きな怪獣を模した形をしていますが発見された当時から一切人の手が加えられていない、まさに自然の芸術です。頭部分には怪獣をイメージさせる大きな口があり、背部分には背びれにも見える凹凸があります。

知床ウトロ、ゴジラ岩へのアクセス

流氷カヤックツアー等で知床へ訪れる際のアクセスは飛行機が一般的です。関東付近に在住なら東京羽田から、関西付近に在住なら名古屋から直行便が出ているので比較的簡単なアクセス方法となります。知床へ訪れる際の最寄の空港は女満別空港で、上記それぞれの直行便から訪れた後はレンタカーもしくは公共機関を利用して知床まで向かうことができます。女満別空港から知床ウトロへは約2時間15分の所要時間を目安としますが実際の道路状況や天候、規制などにより前後する場合もあります。公共機関では主に斜里バスあるいは綱走バスでのアクセスが可能ですが、乗り換えの必要がない斜里バスがおすすめです。

流氷カヤック体験の際に立ち寄りたい場所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム