流氷カヤックツアー参加の前に知っておきたいこと

流氷カヤックツアー参加の前に知っておきたいこと

知識がなくてもガイドさんがいるから安心

毎年厳しい寒さを迎える北海道知床で、大人気のアウトドア体験の一つに流氷カヤックがあります。流氷カヤックは数名乗りのカヤックと呼ばれる小さな船で、かつて狩猟民族が野生動物の狩猟やマングローブの密林の探検に用いたものだと言われています。このカヤックで流氷すれすれの海面を進んでいく迫力はまさに厳冬期の北海道でしか体験することができません。ツアーでは辺りに広がる景色や流氷情報、野生動物についてなど詳しく説明をしてくれるガイドも同乗し、大自然の迫力を間近で体感することができます。カヤックに関する知識がなくても必ずガイドが同乗してくれるという点が嬉しいポイントですね!

ベストなタイミングで参加するなら流氷情報を

流氷カヤックツアーは、冬の間でも限られたごくわずかな期間でしか体験することができません。なぜならツアーの決行には流氷の漂流時期が非常に深く関係しているからです。流氷は日本より離れた北国、シベリア大陸沿岸で12月頃に発生します。発生した流氷は海面の流れに乗ってゆっくりと南下し、早いと1月下旬には北海道付近のオホーツク海沿岸で確認できるようになります。こうして徐々に流氷が流れてくる中、カヤックを出すのにベストな時期が来るまでこまめに流氷情報をチェックしなければなりません。流氷カヤックツアーへの参加を考えている場合はより迫力のある体験をするためにも予約日付近の流氷情報を忘れずにチェックしましょう!

当日の天候がツアーを左右する

流氷情報と合わせてチェックしておきたいことは、ツアー当日の天候です。流氷カヤックではパドルの漕ぎによりツアー中に濡れてしまうことがほとんどなので、万が一多少の雨が降っていたとしてもツアー自体の決行は可能です。また、風がなく穏やかな降雪がある場合でもツアーの決行が可能です。注意しなければならないのは、強風やそれによるブリザードです。強風が吹くと海面が荒れ波が発生するため、カヤックを海に出すことが難しくなります。また、波が立っていない場合でもブリザードにより視界が悪い場合は流氷との衝突の危険があるためツアーを決行することができません。参加の際はツアー日間近の天候をよく確認しておくことが重要です。

流氷カヤックツアー参加の前に知っておきたいこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム