流行りの流氷カヤックについて知ろう!

流行りの流氷カヤックについて知ろう!

流氷カヤックが体験できる時期は?

早くもツアー情報が掲載され始めシーズン前にも関わらず大変注目されている流氷カヤックは、その名の通り流氷を間近にしながらカヤックに乗ることができます。限られたごくわずかな時期にしか体験することができない点から大変貴重な体験として知られています。流氷は北海道知床周辺のオホーツク海沿岸で確認することができますがその時期は定まっておらず、年によって若干のずれが生じます。近年では早いと1月下旬から流氷を確認できるようになり長ければ3月下旬まで流氷が漂流しています。天候や風向きによって流氷が留まっている時期がずれ込むため、毎年冬季にはこの流氷の動きに注目が高まっています!

流氷カヤックの魅力って?

流氷カヤックでは流氷の間を縫うようにしながら海上を進んで行くことで大変スリルのある体験ができます。前にも述べたように、流氷は早くて1月下旬から北海道オホーツク海沿岸に漂流し2月中旬には辺り一面の海を覆い尽くします。流氷カヤックは流氷が接岸する前と離岸した後のわずかな期間にしか体験することができないので、参加できた際の喜びや感動は一段と大きなものになること間違いありません。ツアーでは銀白の流氷が目前を通り過ぎ空と海、海と流氷のコントラストが神秘的な魅力を放っています。流氷が接岸するぎりぎりの期間には運が良いと野生のアザラシを見る機会もあり、まさに大自然の魅力を詰め込んだツアーと言えます。

どんな服装で行けばいいの?

服装は、ツアー会社から予め指定されたものを着用しましょう。ツアー会社でレンタルとして準備してくれる場合と、各自で準備をしなければならない場合があるので事前に確認しておく必要があります。ツアーでは外気温マイナス15度、水温マイナス2度という想像を絶する寒さなので完全な防寒防水対策が必要となります。流氷カヤックを楽しむ際の一般的な服装は保温性の高いインナーを重ね着し、最後にドライスーツを着用します。インナーは最低でも2枚以上、可能であればより保温性に優れたフリースのようなものをドライスーツの下に着用しましょう。また、飛ばされにくい帽子を着用するだけで釘から上の保温性を確保することができます。

流行りの流氷カヤックについて知ろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム