神奈川のハンググライダーのスポットは?

神奈川のハンググライダーのスポットは?

関東の神奈川県でハンググライダー

ハンググライダーの機体は20~30キログラム程度と軽量で、大人一人の力で楽に持ち運びができます。搭乗者はハーネスを装着し、機体の重心に位置しているスイングラインと呼ばれるロープで吊り下がります。離陸時は機体を持ち上げ、斜面を駆け下りながらテイクオフします。離着陸時及び飛行時共に向かい風で行うので、追い風や横風の場合は飛行を中止する判断が必要となります。特に、山の風下となる場所は乱気流等が発生しやすいので、立ち入る事は厳禁になります。ハンググライダーの巡航速度はおよそ時速20~40キロで、高度の7倍から14倍の距離を飛ぶことができます。関東の神奈川県にもハンググライダーが楽しめるスポットがあります。

どこの山で体験できる?

ハンググライダーで飛ぶのに適しているのは、真夏以外のシーズンと言われていますが、夏でも飛べないことはありません。但し、大気の上と下で温度差が小さいと強い上昇気流が発生しないので、高度のあるフライトをしづらくなるわけです。又、夏場は雲が低いのでフライトの障害になると言えます。飛行するエリアに関しては、航空法によって定められた法規があるので、管理区域のみとなります。そもそも、風によって左右されるスポーツなので、専門家による安全調査及び管理がなされていない場所は、とても恐ろしくて入れるものではありません。逆に、管理区域だからこそ、誰でも安心して楽しむ事ができるわけです。

体験プランの相場価格

ハンググライダーの体験コースでは、地上で乗り方やハーネスの付け方など講習を受けた後、ベテランのインストラクターとタンデムで飛ぶことになります。季節ごとに自然の景色や大気の状態などが違うので、四季を通じて様々なフライトを経験する事ができるでしょう。料金相場はおよそ15,000円前後で、これ以外に入山料などが別途かかります。ソロフライトを目指すには、単独飛行マスターコース等のスクールに入会するのが一般的です。グライダーの組み立てから始まり、グランドハンドリング、トーイングフライト、タンデムフライトを経て一通りの技術と知識を身につけます。コース終了後は無線誘導によるソロフライトを行うことが出来るわけです!

神奈川のハンググライダーのスポットは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム