流氷ウォークの時期を知るには網走気象台の情報をチェック

流氷ウォークの時期を知るには網走気象台の情報をチェック

流氷ウォークに最適な時期は?

流氷ウォークは厳冬期の北海道で体験することのできる冬のアクティビティです。北海道の長い冬の間でも流氷が訪れるわずかな時期にしか体験することができないため、シーズンが近づくとほとんどのツアーが予約でいっぱいとなります。流氷ウォークは名前の通り流氷の上を歩いて散策することのできるアクティビティで、これは流氷が陸地に接岸している限られた期間にしか決行することができません。近年の観測では早くて2月中旬頃から流氷が接岸し、3月の中旬には離岸しています。流氷はすべて自然現象により発生、移動を繰り返しているので確かな時期は定まっていません。

流氷ウォークならではの魅力

陸地に接岸した流氷は海面の8割近くの海を覆いつくし、その光景は日本から遠くかけ離れた北の海を連想させます。辺り一面を覆い尽くす銀白の氷の塊の中には餌を探すオオワシや、子育てをするアザラシなどの野生動物の姿を見ることもできます。また、朝方の出発では朝焼けに照らされる流氷の神秘的な光景を見ることができ、日頃見ることのない自然の美しさを間近で体感することもできます。散策中には流氷の割れた場所から海面に浮かんで遊ぶこともでき、大変多くの魅力が詰まったアクティビティとなっています。実際に体験するまで感じることのできない魅力を多く含んだアクティビティです!

ライブカメラで流氷情報をチェック

流氷ウォークは流氷が接岸するわずかな期間にしか体験することができず、その期間は長くて約1ヵ月程となります。そのため流氷の訪れるタイミングがツアー決行の可否に大きく関係しています。最新の流氷情報を知りたい場合には、網走気象台の情報をチェックしましょう。網走気象台ではライブカメラにより毎日流氷の観測を行っています。また、ライブカメラは雨雲の動きなども常に観測しているので流氷情報を知ると同時に雲の動きを把握することもでき、これはツアー当日のコンディションにも大きくかかわります。最高のコンディションの中流氷ウォークツアーに参加できれば、人生で最高の思い出となること間違いなしですね!

流氷ウォークの時期を知るには網走気象台の情報をチェック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム