流氷ウォークにベストな時期は網走気象台情報でチェック

流氷ウォークにベストな時期は網走気象台情報でチェック

1月に流氷ウォークはできる?

壮大な景色と大自然を体験できる流氷ウォークは、主に流氷が接岸している時期でしか体験することができません。過去の観測記録から見ても1月は流氷の漂流が確認され始める時期であり、流氷は陸地からやや離れた場所を漂っているため流氷ウォークのツアーなどは開催されません。日本では、早くて1月下旬頃から流氷の漂流が確認されます。この時点では細かな流氷群が海を漂っている状態なのでたとえ沖に出たとしても不安定な流氷の上を歩いたりすることはできません。いち早く流氷情報を知るためには、網走気象台の情報をこまめにチェックする必要があります。

2月は流氷ウォークに最適

1月下旬頃から確認され始めた流氷群は2月初旬には更に南下し、北海道知床や網走周辺の陸地と接岸します。大量の流氷群が一つの塊となり陸地のようになると、人が大勢乗ってもびくともすることはありません。この頃になると流氷ウォークツアーが開催され、その注目度もピークに達します。流氷は必ずしも接岸するとは限らずその年の天候や海の状態に大きく左右されます。そのため流氷が運よく接岸すると毎年多くの観光客が訪れます。早くて2月中旬頃から流氷が接岸し、長いと1ヶ月近く流氷ウォークツアーが開催されます。参加を検討している場合はこの時期を狙って上手く予定を立てられるようにしましょう!

3月でもまだ間に合う!

天候や海の状態が安定していると3月に入っても多くの流氷が陸地に接岸したままとなり、流氷ウォークを楽しむことができます。多くの流氷が海面を覆い尽くしている状態では、3月でもマイナス10度を下回り辺り一面が極寒の地となります。例年の観測によると平均して3月中旬頃まで流氷ウォークツアーが開催され、流氷の離岸とともにツアー期間は終了を向かえます。流氷が溶け始めたり再び移動を再開することにより、流氷は離岸し足元も不安定なものとなります。離岸のタイミングはその年の天候や風向きに大きく左右されるので3月に流氷ウォークツアーの参加を検討している場合には離岸前になるべく早めの参加ができるようにしましょう!

流氷ウォークにベストな時期は網走気象台情報でチェック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム