羅臼で流氷ウォークツアーに参加するなら

羅臼で流氷ウォークツアーに参加するなら

最適な時期を知っておこう!

流氷ウォークは毎年冬の北海道で大変人気なスノーアクティビティの一つです。中でも限られた時期にしか体験することのできない流氷ウォークは毎年多くの予約でいっぱいとなります。流氷ウォークが楽しめる時期は、一般的に流氷が接岸している間だけとなり日数で換算すると約30日前後です。ツアー開催場所により流氷が接岸する時期が若干異なるため、参加場所に関わる流氷情報に常に意識を向けておく必要があります。一般的には知床に最も早く流氷が接岸し、その後羅臼や網走にも流氷が接岸していきます。接岸状況は日々刻々と変化するため、毎日のチェックが必要不可欠です。

流氷ウォークの魅力って?

流氷ウォークは一度経験した人も口を揃えて「また参加したい」と言う程の魅力にあふれています。日常生活では見ることのできない流氷の世界は見る人の心を虜にし、感動を与えてくれます。流氷ウォークツアーは毎年冬になるといくつかのツアー会社が開催していますが、参加場所によってコースや時間、内容が若干異なっています。それぞれのツアーでしか体験することのできない魅力があるので、目的の景色をはっきりと定めておくとツアーも選びやすくなるのでおすすめです。羅臼での流氷ウォークでは、オオワシの群れが魚を捕食する迫力満点の光景を見られることで有名です。

ライブカメラの情報をチェックしよう

流氷ウォークでは当日の天候や海の状態がツアーの決行に大きく関わります。天気予報で前日から当時にかけての様子をチェックすることはもちろんですが、より正確な情報を知るためにはライブカメラの映像をチェックすることがおすすめです。北海道の流氷に関する情報は冬季に入ると網走気象台にて毎日観測されていますが、ライブカメラではツアー当日の朝の空模様などをいち早く知ることができます。ライブカメラによってツアー当日の実際の天気を知ることで必要な道具を加えたりあるいは抜かすこともできます。流氷ウォークではできるだけ軽装備が好ましいため、荷物が一つ減ることで体への負担が大きく軽減されたりもします!

羅臼で流氷ウォークツアーに参加するなら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム