オホーツク海で楽しめる流氷ウォークの魅力って?

オホーツク海で楽しめる流氷ウォークの魅力って?

流氷ウォークが楽しめる時期はいつ?

流氷ウォークが楽しめる時期としては、2月上旬から3月中旬までの約1ヶ月です。年によって流氷が来る時期が異なります。早ければ1月下旬より流氷ウォークを楽しむことができる事もあります。また、気温上昇に伴い、流氷が早く溶けてしまった場合は、3月上旬でもツアーが終わりになる事もあります。オホーツク海にある流氷が南へ南下し、羅臼などに着くことで流氷の上を歩けるようになります。ただし、風などが吹いて沖合に流されてしまうこともあり、その場合はツアーが中止になることもあります。最も楽しめる時期は、2月中旬から3月上旬までの期間です。この時期であれば比較的安定しているので、流氷の上でも楽しめるでしょう。

流氷ウォークの魅力は?

流氷ウォークの魅力は何と言っても、「普段できない体験・非日常的な世界」です。どこでもできるというわけではなく、流氷の上を歩くという事は、日本では北海道のオホーツク海に面した一部地域でしか出来ません。また、海の中には流氷の天使とも言われる「クリオネ」がいることがあります。本州などでは水族館でしか見たことがない人の方が多いのではないでしょうか。流氷ウォークに参加した人の中には、「クリオネを見た」という人もいます。クリオネが見られるというのも流氷ウォークの魅力の一つです。100%見られるというわけではないのですが、クリオネを見ることもできるようなのでぜひ、探してみてください!

ライブカメラを役立てて計画を立てよう!

流氷の様子は、ライブカメラでも見ることができます。知床やウトロ、稚内など流氷が毎年やってくる場所にライブカメラが設置してあります。中には、自分でカメラをいじって回すことができるというライブカメラもあり、流氷の時期には楽しめますね。静止画を配信しているサイトや、動画を中継しているサイトなどありますので、旅行の計画を立てる時に現地情報がほしい時に役立ちます。こういったライブカメラなどの情報をもとに計画を立てていくと良いでしょう。せっかく流氷を見に行くのに、「まだ来ていなかった」などでは意味がありません。ぜひ活用して楽しい旅行にしてください!

オホーツク海で楽しめる流氷ウォークの魅力って?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム