流氷ウォークが楽しめる期間はいつくらい?

流氷ウォークが楽しめる期間はいつくらい?

流氷ウォークは1月に楽しめる?

毎年、冬になるとオホーツク海は流氷に埋め尽くされます。特に、知床半島周辺は流氷に囲まれ、幻想的な雰囲気を醸し出します。そんな流氷ですが、いつごろ日本に接岸するのでしょうか。それは、「2月ごろ」です。冬と言われていますが、実は1月には流氷はやってきていません。1月下旬ごろから徐々に流氷が姿を見せ始め、完全に接岸するのは2月上旬です。つまり、流氷ウォークを楽しむために、1月に羅臼やウトロ入りしたとしても、まだ海がある段階で流氷は留守です。ただ、これは一般的な話で、その年によっては早く来る場合もあります。そういった流氷の情報は、ライブカメラなどで確認することができますよ!

2月は思いっきり楽しめる!

2月に入ると、流氷も落ち着いてきて留まるようになります。風が強かったりなどすると、沖へ戻されてしまい陸からは少し離れてしまいますが、風が吹かない限りは大丈夫です。2月中旬から下旬にかけての期間は、比較的安定しており、ツアーも開催されます。反対に、2月上旬は、流氷がきちんと接岸しておらず、不安定なこともあるので注意が必要な期間となります。これも、現地の情報を得る方法としてライブカメラなどを活用すると良いでしょう。中旬から下旬の期間を逃してしまうと、年によっては氷が段々と溶け始めてしまい、消えていってしまうので要注意ですね。

3月はもう楽しめない?

流氷ウォークは3月にはもう楽しめないのでしょうか。そういうことはなく、3月上旬までであればギリギリ楽しめます。あくまでも一般的な話で、年によって変わります。暖かい気候が続いてしまえば、流氷は早く溶けてしまうので、3月上旬でもツアー中止になることもあります。ただ、基本的に3月中旬まで行われているので安心できます。3月下旬は、流氷が溶けてしまっているので基本的に流氷ウォークは行われていません。ただ、ここ最近は下旬まで流氷ウォークが行われており、楽しむ事ができているようです。運が良ければ流氷が残っていて、楽しめるかもしれません。

流氷ウォークが楽しめる期間はいつくらい?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム