流氷ウォークに参加したい!服装とかはどうすればいい?

流氷ウォークに参加したい!服装とかはどうすればいい?

流氷ウォークに最適な時期は?

流氷ウォークに最も適している時期は、2月上旬から3月中旬の約1ヶ月間です。3月中旬以降は、流氷が溶け始めてしまい、ツアー自体が営業終了になってしまう場合があります。逆に早ければ良いというわけではなく、1月はまだ流氷が流れてきていません。1月下旬に目視で確認できる程度で、1月下旬より前ですと、流氷は中々見ることができません。ただ、流氷ウォークに適している時期というのは、その年によって変わってきます。例えば、2月上旬ではなくて1月下旬だったり、3月中旬ではなく、3月下旬まで歩けたりとその年によって変わるので常に動向をチェックしておくと良いでしょう。

流氷ウォークの魅力って?

流氷ウォークの魅力と言えば、何と言っても「非日常体験」です。流氷の上を歩いたり、流氷の横を泳いだりするという事は、日常では全く考えられない行為です。北海道の羅臼などではそういった非日常体験をすることができ、大人でも童心に帰ってはしゃぐことができます。また、運が良ければ見ることができると言われているクリオネを見つけたりするなど、楽しい時間を過ごすことができるというのが流氷ウォークの魅力です。北海道以外では、滅多に体験することができない流氷の上を歩くという事こそが、流氷ウォークの魅力の一つとも言えます!

流氷ウォークに最適な服装とは

流氷ウォークの際、どのような服装をしていけばよいのか分からない人も多いでしょう。流氷ウォークでは、専用のドライスーツを貸し出してもらうことができます。私服の上から専用のドライスーツを着るため、あまりかさばらないような服装が望ましいです。と言っても、真冬のオホーツク海周辺の気温はマイナスになることも多いので、あまりにも薄着だと風邪をひきます。ジーパンにセーターなど、要は普通の服装をしておけば良いです。ドライスーツは、浮力もありますし保温性に優れています。万が一、真冬のオホーツク海に転落しても焦らず落ち着いていれば、体力を維持することができます。

流氷ウォークに参加したい!服装とかはどうすればいい?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム