流氷ダイビングに行く前にチェックしておきたいこと

流氷ダイビングに行く前にチェックしておきたいこと

流氷ダイビングに関するガイドが必要なら

毎年冬になると日本全国のダイバー達がこぞって参加するツアー、流氷ダイビングツアーは今年も流氷の訪れに合わせてスケジューリングされ始め早くも注目を集めています。流氷ダイビングは1月下旬から3月中旬にかけて接岸した流氷にダイビングポイントを定め、流氷の下の海中でダイビングを楽しむことができます。流氷ダイビングでは通常のダイビングよりも遥かに厳しい条件となるので、体験する際にはガイドの付き添いが必要不可欠です。流氷ダイビングツアーでは必ず専門知識を持ったガイドが案内を行うので、流氷ダイビングが初めての人でも安心して参加することができます!

流氷情報はこまめにチェックしよう

北海道の北側に広がるオホーツク海沿岸に接岸した流氷群は、12月上旬にシベリア大陸沿岸で発生した流氷が南へ向かって流れてきたものです。過去の統計から平均して、早くて1月下旬には北海道知床周辺で流氷群の接近が確認でき、2月から3月中旬にかけてが流氷接岸のピークとなります。この時期の流氷は海面の約8割を覆いつくす程の面積があり、厚みもあるため人が歩いてもびくともしません。ただし近年の温暖化の影響によりこの流氷に変化が出てきていることも度々報道されています。そのため例年の流氷情報はあくまで参考として捉え、予定に合わせてこまめに流氷情報をチェックする必要があります。

天候によるツアーへの影響は

流氷ダイビングでは、天候によってダイビングが順延されてしまったり中止となってしまうケースがあります。そのためツアーに参加する際やスケジュールを立てる際には過去数年間の天候や天気図を参考にして予定を立てる必要があります。流氷ダイビングにおいてもっとも望ましい天候は風がなく曇りから晴れている状態ですが、万が一雨や僅かな雪が降ってしまってもダイビングすることは可能です。ただし、ダイビング前の準備時間や水中から上がった際は体温を奪われやすくなるのでより万全な防寒対策が必要となります。強風により流氷が大きく移動している場合やブリザードが吹き荒れてている中でのダイビングは非常に危険なため、中止となります。

流氷ダイビングに行く前にチェックしておきたいこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム