今年こそ憧れの流氷ダイビングへ

今年こそ憧れの流氷ダイビングへ

流氷ダイビングに最適な時期とは

近年、性別を問わず多くのダイバーから注目されている流氷ダイビングは今年も多くのツアー情報が掲載されています。流氷ダイビングとは、北海道北部に流れ着いた流氷群をダイビングポイントとして、流氷下で行うダイビングを指します。この流氷は日本より遥か北方に位置するシベリア大陸沿岸で12月上旬に発生した流氷であり、海水域の流れに乗って南下してきたものです。この流氷群は毎年1月下旬から3月中旬にかけて北海道知床周辺のオホーツク海沿岸をメインに接岸し3月中旬には多くの海面を覆い尽くします。流氷ダイビングに最適とされている時期は流氷群が最も接岸する2月から3月です。

流氷ダイビングの魅力とは

日頃ダイビングを行っているダイバーであれば海の中の色とりどりの景色や生き物たちの美しさを知っている人がほとんどですが、流氷ダイビングでは一般的な南国ダイビングとは異なった魅力があります。一番の違いは、極寒の地でのダイビングでは滅多に魚と遭遇することがありません。流氷の隙間から差しこむ太陽の光が海中でカーテンのように揺らめき、魚のいない薄暗く静かな海中はとても神秘的な魅力があります。また、全く生物がいないわけではなく運が良いと海の天使クリオネに出会えることもあります。流氷が多く密集している場所では稀にトドの姿を見かけることもでき、この時期にしか体験できない魅力で溢れています!

極寒の地で必要な防寒対策と服装

流氷ダイビングでは気温マイナス15度、水温マイナス2度という厳しい環境下で作業やダイビングを行う必要があるため服装にはより一層注意が必要です。まず第一に重要なのが、完璧な防寒対策を怠らないということです。ツアー会社やベテランダイバーがおすすめする防寒対策としては、ドライスーツの下に保温性の高いインナー類とフリースを重ね着するという服装です。フリースは軽くて動作の負担になりにくく、体の熱を外へ逃がしにくい働きをするのでおすすめです。また流氷上では常に顔周りや足元、手先から体温を奪われやすいので体の末端の防寒対策も欠かせません。スキーウェアをイメージした服装が好ましいと言えます。

今年こそ憧れの流氷ダイビングへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム