クライミングを始めるに当たって

クライミングを始めるに当たって

九州・福岡でボルダリング!

フリークライミングの魅力は、体力増進と共に仲間との信頼関係が築ける事にあると言えます。昨今では、低年齢の子供から高齢者まで、気軽に楽しめるスポーツとして人気を博しています。初心者であれば、インドア施設で行うボルダリングから始めるのがいいでしょう。高さ4メートルの壁をホールドと呼ばれる突起により登るアクティビティで、下にはマットが敷かれています。全身運動なので、特別な筋力がなくても大丈夫です。また、専門のインストラクターがサポートしてくれるので、誰でも直ぐに上達することができます。ホールドは色分けされており、選択することで難易度の異なった登り方が出来るわけです。九州の福岡にも、こうした施設があります。

難易度の高いリードクライミング

インドアのボルダリングに飽き足らなくなったら、アウトドアクライミングのトライしてみるといいでしょう。自然の岩場等を登る爽快感はインドアでは味わえない格別なものです。必ず二人組で行い、クライマーとビレイヤーに役割分担します。始めはビレイ用のロープを頭頂部から吊り下げるトップロープクライミングから入るのが一般的です。岩場登りの基本となる技術やハーネスの扱い方等について、安全に学ぶことができます。そして、さらに本格的な岩登りにチャレンジしたい人には、難易度の高いリードロープクライミングがあります。ビレイ用のロープの支点を自分で確保しながら登る方法で、高いロープワークの技術とクライミング技術が要求されます。

シューズは年齢を問わず小さめがベター!

個人で必要な装備としては、先ず専用のシューズが挙げられます。靴底がラバーソールになっており、滑りにくく柔軟性があります。フラットの形状なので、素足で履くと足場の感覚が直に伝わってきて、グリップしやすくなります。特に、岩場を登るときなどは年齢を問わず一回り小さめのシューズのほうが、足場を確保しやすくな理ますが、血流が悪くなるので長時間の使用には適しません。ハーネスはホルダリング等低い壁の場合は必要ありませんが、インドアでも4メートルを超える場合には、ビレイヤーが必要になるので、付け方等知っておく事が大切です。アウトドアで装着する際には、必ず点検し,ホコロビや金具類に損傷がないか確かめます。

クライミングを始めるに当たって

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム