クライミングの楽しみ方

クライミングの楽しみ方

関西の京都でインドアクライミング!

フリークライミングは知る人ぞ知る、体力増進と快適さを合わせ持った誰もが楽しめるスポーツです。一見すると、相当な筋力が要求されるように感じられますが、全身を使って登るのでコツさえ身に付ければ、高齢の方でも大丈夫です。国内各地で、インドアで行えるボルダリング施設などがあるので、適切な指導の下、安全に楽しむことが出来ます。ボルダリングとは、およそ4メートルの壁を、ホールドと呼ばれる突起を頼りに登るものです。下には厚いマットが敷かれているので、たとえ落下しても怪我をすることはありません。関西の京都にもクライミングをインドアで楽しめる施設がいくつかあります。

場所を選ばないアウトドアで!

クライミングの魅力の一つが場所を選ばないアウトドアタイプですが、アウトドア初心者ならば、トップロープクライミングから入るのが常道です。これは予め頭頂部に命綱の支点が設置されており、装着したハーネスとロープで安全を確保します。ロープの尖端は援助者(ビレイヤー)によって確保されており、足場を踏み外しても墜落しないようになっています。それに対して、自分でロープの支点を確保しながら登るのをリードクライミングといい、本格的な登り方だと言えます。既存のコースになっている岩場には、ビレイ用の支点がありますが、そうでない場所は自分でナチュラルプロテクションを取り付けながら登ることになります。

安全に登るために必要な装備

クライミングには、安全に登るために必要な装備があります。個人としては専用のシューズとハーネスが挙げられます。シューズはラバーソールになっておりフラットな形状で、足場をグリップしやすくなります。それ故、素足で履くのに適しており、サイズは少し小さいくらいが丁度よくなります。というのも、時には岩場の狭い隙間に足を滑り込ませる事もあるからです。注意としては、クライミング時以外は履かないことで、知らず知らず血行が悪くなります。ハーネスは命綱と結ぶ安全ベルトの役割があり、丈夫な素材で出来ていますが、必ず使用前の点検が必要です。ハーネスには各種ビレイ用のリングが付いており、これも普段からの点検整備が欠かせません。

クライミングの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム