クライミングの種類について

クライミングの種類について

東海地方の愛知県・名古屋で楽しめるボルダリング

近年、静かなブームとなっているクライミングの魅力は、自分の力と技術を頼りに難関に挑む事にあるといえるでしょう。アウトドアスポーツとしてはエクストリームスポーツの部類に入りますが、初心者でも適切な指導の下であれば、安全に快適に楽しめる一面を持っています。その一つが、インドアでクライミングを行うスタイルのボルダリングで、東海地方の愛知県・名古屋でもこれを楽しめる施設がいくつかあります。基本的設備としては、およそ4メートルの壁にホールドと呼ばれる突起がいくつも付いており、床には厚いマットが敷かれています。ホールドは色分けされていて、指定の色を選択する事で色々な難易度の登り方になります。

様々な場所にトライできるスタイルとは?!

フリークライミングにはボルダリング以外にも、トップロープクライミングやリードクライミングがあります。前者は頭頂部から確保されたロープとクライマーがハーネスで結ばれており、下にいるビレイヤーがロープを操作してクライマーの墜落を防ぎます。一方、後者の登り方は墜落防止用のロープの支点を自分で確保しながら登って行くスタイルで、ビレイヤーによってロープが確保されているものの、落下差が大きくなります。前者は初心者がハーネスの扱い方やロープワークなどを憶える為に適しており、後者は高い技術が要求される本格的クライミングだと言えます。そして後者には様々な場所にトライできる魅力があるわけです。

安全の為の装備について

クライミングを安全に楽しむには専用の装備が必要となります。その第一がクライミングシューズで、すべり防止のためにソールがラバーになっており、フラットで柔軟性があります。サイズは少し小さめが適しており、アウトドアでは岩の隙間などに足を入れ込みやすくなります。それ故、履く時は素足にする事が大切で、足場をグリップする事で確実なステップアップが続けられるわけです。次に挙げるのがハーネスですが、シューズに劣らず安全確保には重要な装備です。ビレイ用のロープと自分を繋ぐほか、セルフビレイの要でもあるので、登る前には充分な点検が必要だと言えます。

クライミングの種類について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム