フリークライミングについて

フリークライミングについて

関東・東京で楽しめるボルダリング

フリークライミングが静かなブームになっていますが、自分の力だけで登る事に大きな魅力があると言えます。一見、かなりハードなスポーツの印象を受けますが、適切な指導のもと技術を身につければ、安全で楽しくトライすることが出来ます。此のスポーツは力任せで登るのではなく、体全体を使ったバランスが大事になってくるので、健康増進の為のアクティビティとしても注目されています。関東の東京ではインドアでも楽しめるボルダリングの施設があるので、遠出の出来ない高齢者であっても、最近はクライミングを楽しむ人が増えています。ボルダリングでは、ホールドの選択により難易度が上がるので、様々な登り方が楽しめます。

トップロープクライミングは難易度が低め!

リードクライミングとは、基本的に二人組になって行うもので、クライマーと地面でロープを確保するビレイヤーに役割分担します。インドアの場合はクライマーは予めセットされているヌンチャクと呼ばれる部分に自分のロープをかけて登りますが、岩場などのアウトドアでは自分でナチュラルプロテクション等をセットして登ることになります。それ故、アウトドアのリードクライミングには高い技術とロープワークの知識と技術が必要となり、それだけ充実感と高い山を登る達成感があります。それに対し、トップロープクライミングは比較的難易度が低いので、初心者に向いています。

シューズは年齢を問わず小さめがいい!

クライミングに必要な個人の装備としては、先ずクライミングシューズがあります。特長としては、底がラバー製のフラットな形状で、滑りにくくなっています。柔軟性が高いので、素足で履くことで感触が直に伝わり、岩やホールドをグリップすることが出来ます。それ故、使用するサイズは年齢を問わず小さめが適しており、小さい突起でも立ち込める利点もあります。登っている場合は、大丈夫ですが、それ以外は脱いでおくのが血流を悪くしないために必要です。それからハーネスですが、これは自分とロープを結ぶ安全ベルトの役割を果たします。ハーネスにはビレイループ等が付いており、落下した時の衝撃を吸収してくれます。

フリークライミングについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム