クライミングの予備知識

クライミングの予備知識

関東・東京で楽しめるボルダリング!

自分の力だけで壁や岩などを登るスポーツがフリークライミングと呼ばれているものです。関東・東京では、これをインドアで気軽に楽しめるボルダリングの施設があり、密かなブームとなっています。ボルダリングの一般的な概要は、約4メートルの壁にホールドと呼ばれる突起がついており、これを支点として登っていきます。下には厚いマットが敷かれており、落下した場合の衝撃を和らげます。ホールドを選択することで様々な登り方が出来、難易度も高くなってきます。適切な指導を受ければ誰でもトライでき、全身運動にもなるので、高齢者の間にも広まっています。

リードクライミングは場所を選ばすトライできる!

リードクライミングが行える場所は、岩場の他インドアでも可能な施設があります。8?10メートルの壁を二人組になって登るもので、クライマーとビレイヤーに役割分担します。ビレイヤーはクライマーに結ばれたロープを確保し、ホールドから外れた時の墜落を防ぎます。一方クライマーはヌンチャクと呼ばれる部分に自分のロープをかけ、安全を確保しながら登ることになります。此のスタイルは高いクライミングの技術とロープワークの技術が要求されますが、様々なタイプの壁面をトライする事ができるのが魅力です。初心者であれば、最上部からビレイ用のロープが確保されたトップロープクライミングが適しています。

安全にクライミングする為の装備

クライミングを安全に行うには、専用の装備が欠かせません。先ず挙げられるのがシューズですが、専用のもはソールにフラットなラバーが使用されています。これは滑りにくい上に柔軟性があるので、ホールドや岩場をグリップしやすくなっています。履く場合の注意点は素足にすることで、汗の発散と共にグリップ感覚も鋭くなるので、より登りやすくなります。サイズを小さめにしておけば、狭い足場でも入り込めるので、これもまた有利になります。但し、長く履いていると血流が悪くなるので注意が必要です。シューズと同様に重要なのが安全ベルトの役割を担うハーネスで、これにはビレイ用のループ等が付いています。

クライミングの予備知識

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム