バギーのライディングテクニック

バギーのライディングテクニック

「コーナリング 」の操作方法

バギーは一般的な自動車と違って特殊な構造をしているので、ライディングテクニックも独特な技術が必要となってきます。 コーナリングでは、低速の場合にはまずターンしたい方向へハンドルを切り、上半身を少し前に傾けます。それと同時に、体重は外側のフートレストにかけるイメージで踏ん張って上半身でバランスを取ります。この時、スロットルは一定を保つようにしましょう。 高速の場合では、基本姿勢は低速時のターン方法ですが、高速ではより遠心力が大きくなるので、上半身の移動幅を大きくして、バギーが倒れないようにバランスを取ることが必要になってきます。

「ヒルクライム」の操作方法

ヒルクライムでは、まず両足をしっかりとフートレストに乗せておきます。登り坂に差し掛かる前から加速し始めて力を蓄えます。 傾斜が緩やかなところでは、体重をシートの前方向にかけてキープします。緩斜面では座ったままでもOKです。急斜面では、状況に応じてフートレストの上に立って、体をより前方に乗り出すように荷重をかけます。 坂道を登っている途中ではシフトダウンすることは避けましょう!もし途中で止まってしまったら、速やかにフロントブレーキをかけて、更にリアブレーキとパーキングブレーキもかけます。危険なので、その後に再発進することはやめましょう。

「ヒルダウン」の操作方法

バギーでのヒルダウンは、まずは両足をしっかりとフートレストに乗せておき、エンジンブレーキを利用します。それから体重を後ろの方へ移動させましょう。傾斜を下るときには、蛇行運転はしないで真っすぐに坂を下るようにします。 体重を後ろへ移動させた状態で前後のブレーキを徐々にかけていき、ゆっくりと坂を下るようにします。急こう配の坂では、スピードが出た状態でブレーキをかけると、特に後タイヤがロックしやすくなります。そのため、タイヤがロックしないように注意しながら、徐々にブレーキをかけるように心がけましょう。 バギーにはシートベルトがないので、急ブレーキをかけてしまうと体が投げ出される危険があるので気を付けましょう!

バギーのライディングテクニック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム