春夏秋と楽しめる熱気球!関東各地で開催!

春夏秋と楽しめる熱気球!関東各地で開催!

心地よい春風の中で!

熱気球が空に浮かぶのは、周りより温かい空気は軽いという原理によるものですが、それ故気球自体の構造も飛行機等と比べると極めて単純なものです。それだから、とても安全な空の乗り物といえる訳で、トラブルによる事故も滅多に発生していないのが現状です。とは言え、飛行速度や方向は風の向き次第になるので、実用性は低いかもしれませんが、空の散歩をゆっくり楽しみパノラマの景色を堪能したいなら、これ以上の乗り物はないでしょう。何より春風とともに進む自然との一体感は、何より換えがたいもので、まさに空を飛んでいるという実感を味わえます。

夏のスコールの中で!

熱気球は大きく3つの部分からなりますが、本体となるのは暖めた空気を貯める球皮と呼ばれる部分です。此処は浮力の要なので安全性には最大限の配慮がなされており、素材には軽量で高強度の最新のナイロンが使われています。織り方も大変重要で、特殊技術が用いられ衝撃や圧力で裂けたりしないようになっています。球皮の下端のバーナー周りには、難燃性の布が使われており、バーナーの熱にも耐えられるものです。気球のエンジン部のバーナーも安全性が高く、2系統の燃焼システムを備えています。仮に片方が故障しても、もう片方で航行が維持できるわけです。人が乗り込むバスケットには、やはり軽くで丈夫な藤が使われており、夏の雨でも大丈夫です。

秋の澄んだ空気の中で!

関東各地では熱気球の体験フライトが開催されていますが、比較的低料金で気軽に楽しめるものに係留フライトというものがります。5分ほどのフライトですが、その地の雄大な自然のパノラマを堪能できます。朝に行われることが多く、澄んだ秋の空気の中のフライトは爽快そのものです。そして、熱気球の大きな醍醐味は風と共に飛ぶことなので、ぜひフリーフライトにもチャレンジしてみるのが良いでしょう。其処は、パイロットやガイドを含めた限られt仲間だけの世界なので、地上の世界から隔たった特別な感覚が味わえます。風任せとはいえ高度によって気流の向きは変わるので、ある程度望む方向に進むことができます。昨今では関東でも開催されています。

春夏秋と楽しめる熱気球!関東各地で開催!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム