佐賀の熱気球の見どころ

佐賀の熱気球の見どころ

ベストシーズンについて

毎年、佐賀市の嘉瀬川河川敷では、熱気球の国際大会である「インターナショナルバルーンフェスタ」が開催されます。この大会に参加する熱気球の数は約100機とされており、大会期間中に会場を訪れる人は80万人を超え、アジアで最大級の規模を誇る大会です。例年10月の末~11月初旬にかけて開催されていますので、このシーズンに合わせて佐賀を訪問すると、壮大な熱気球の景観を楽しむことができます。大会に合わせて、ステージでは日替わりでショーやコンサートが行われ、「うまかもん市場」として、農産物や水産物などの特産品の販売も行われます。

佐賀ならではの見どころ

バルーンフェスタは、規模が大きな大会ですから、数多くのバルーンを眺めることができ、さらに、その種類も多彩なのが見どころといえるでしょう。バルーンには、競技バルーン ・オフィシャルバルーン・ファンタジアバルーンがあります。競技バルーン は、大会の際に飛行するもので、パシフィックカップ・マスターズカップ・ホンダグランプリなどに参加します。また、オフィシャルバルーンは、大会の公式バルーンで、競技前に飛行します。ファンタジアバルーンは、動物や人気アニメのキャラクターの形をした変形バルーンで、午前の競技の後に見ることができます!

おすすめポイントについて

バルーンフェスタのおすすめポイントは、大会期間中に開催されている「気球教室」です。気球教室では、参加者が実際に、パイロットやスタッフと一緒に、熱気球の球皮に風をおくり、バーナーで熱風を入れて気球を立ち上げ、さらに、片付けまでを体験できます。教室では、気球の仕組みや特性などについても説明してもらえます。もう一つのおすすめは、「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」という夜間係留です。暗闇の中、河川敷の熱気球がバーナーの炎に照らされてライトアップされます。 バンドの生演奏や花火の打ち上げもあり、会場が美しく彩られます!

佐賀の熱気球の見どころ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム