高い場所から雄大な景色がみえる熱気球

高い場所から雄大な景色がみえる熱気球

熱気球の乗れる人数上限

秋の行楽シーズンは主に山や広大な平野の景色を楽しむことですが、その山と平野の景色を楽しむほ方法に各地の行楽地で準備されているのが熱気球です。熱気球はなんと!風船のように膨らませた布の力によって浮く乗り物で、その仕組みは人が乗れる箱に浮き上がりすぎないようにおもりをつけた後に何本の線で固定された大きな袋状の布の中に高温の火を焚くことによって空気を膨張させて浮き上がらせるというものです。その熱気球の乗れる人数というのは最小で1人からですが単純に一人で乗ることは無いので、最高の上限として乗れる箱の大きさによって変わりますが24人も乗れることが目安となります。

利用する際の飛行時間とは

自然の雄大な景色を上空から360度見渡すことのできる熱気球は、これからの秋の行楽シーズンにうってつけの乗り物です。そこで実際に利用する際に気になることの一つと言えるのが、上空に浮かんだまま自然環境ができる熱気球の飛行時間です。その飛行時間はどうなっているのかというと、上空に上がったときの風の吹き具合や天候によっても左右されますが、平均的に上空に上がってられる時間というのは上空の環境に人間が空気や温度の変化に耐えられる時間を目安に1時間から1時間30分が目安となっています。それだけの時間があれば自然の景色を楽しめるのと、時間によっては日が落ちる時の夕日そして朝日が昇るときのご来光を望むことができます。

利用する際の価格とは

山と平野の景色を360度見渡すことのできる熱気球を利用する際に、当然ながら個人そしてツアーに限らず利用料金というのがかかります。実際に利用する際の利用料金の相場はどうなっているのかというと、国内外問わずにその合計で15000円から25000円が相場となっています。この料金指定されているのは、上空の高い位置にまで登るため安全面の装備や上空で問題が起こったときに対処するインストラクター込みであることそして気球を上げるためのガス代が込みのため納得の金額と言えます。確かに熱気球に乗るのは割高の価格設定ですが、その平面ではなく立体で雄大な景色を見ることができるので秋のシーズンにはお勧めの乗り物です。

高い場所から雄大な景色がみえる熱気球

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム