熱気球の楽しみ方

熱気球の楽しみ方

最適は冬のシーズン!

熱気球は空中を飛ぶ乗り物の中で最も安全なものだと言われています。飛行機等は速度が失速すれば墜落し、ヘリコプター等は機械的トラブルが発生すると浮力を維持できなくなります。その点、熱気球は暖めた空気だけで浮かぶものなので、構造が単純である事も加わり、トラブルが起き難い乗り物だといえます。そもそも原理としては「熱い空気は冷たい空気よりも軽い」というもので、周りとの温度差が大きいほど、浮力が増します。これを利用して、気球の中の温度を調整する事により、高度の調整が出来るわけです。その為、適しているシーズンは温度差を作りやすい冬の期間となります。

体験フライトの見どころ

熱気球の楽しみは何と言っても、歩くようなスピードで移動し360度のパノラマを眺望できる事です。外気と一体となって大空を漂う開放感は他では味わえないものだと言えます。また、仲間と一緒なので独特な一体感が生まれ、さらに空の旅を感慨深いものにするわけです。日本各地では、熱気球の体験フライトが開催されており、見どころが多い土地でもあるので、空から雄大な景色を堪能する事ができます。また、時期によっては、多くの熱気球が集う大会も開催されており、色とりどりの気球の姿を見るだけでも、爽快な気分になれるでしょう。夜間飛行をするイベントもあり、幻想的な雰囲気は言葉では言い尽くせない美しさがあります。

体験フライトのおすすめポイント

熱気球の構造は、大きく3つに分けられます。本体となる球皮と呼ばれる部分は大部分が軽量で高強度のナイロン繊維が使われており、下端にはバーナーの熱熱にも強い難燃性の布が使われています。球皮の頂上部には排気弁がついており、浮力の調整が出来るようになっています。バーナーは気球のエンジン部分となりますが、プロパンを液体のまま強制気化させ一気に燃焼させる事が出来ます。それから人が乗り入れるバスケットですが、一般的には軽量で衝撃にも強い藤が用いられています。熱気球の体験フライトでは、風で流されないようにロープで係留されているので、安心安全に楽しむ事ができるのがおすすめポイントです。

熱気球の楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム