スノーカイトを楽しむために適したボードの種類

スノーカイトを楽しむために適したボードの種類

スノーカイトボードに適した種類

スノーボードにはフリースタイル用、アルペン用、グラウンドトリック(グラトリ)用等の種類があります。スノーカイトは風を利用して滑走するので方向切り替えのできるものが使いやすく、特に適したボードは基本的な滑り全てに対応できるフリースタイル用あるいはグラトリ用のロッカータイプが向いています!この種類の板の中心が接地していて両端は接地していません。また浮力が強いので新雪や圧雪されていないゲレンデを滑走し易いうえに操作性も良いです。さらに設置している部分が多いロッカーボードはフラットロッカーといい器用な操作性の代わりに安定性が少し向上している種類も使いやすいです。

スノーカイトボードに適した長さ

スノーカイトを楽しむ時は板が操作できるサイズであることが必要です。板が短すぎては簡単に回転して操作が思うようにできず安定性も欠いてしまいます。逆に長すぎる板ではターン操作が素早くできない原因になってしまいターンするたびに余計な力が必要になり体力的に大変です。 色々考慮すると適した板の長さは自分の身長から10センチ引いた長さです。風を進む力と新雪に対する浮力の大きさを利用すれば多少の操作になれていなくても十分楽しむことができます!また強い風によって身体が浮いてしまった場合でも長い板だと着地時の安定性が短いものより高いです。

スノーカイトボードにその他必要なもの

板にさらに必要なことは太さです。まずブーツのつま先が板からはみ出していないかという事です。つま先が板から出た状態だとターンした時にブーツが雪に着いてしまい転んでターンが出来ない原因になります。板の幅に全然達していない場合は細い板を選ぶ必要があります。これはターンをするときは基本的に両端のエッジに重心を移動させることでターンができる仕組みなんですが、板の幅が大きすぎると片方あるいは両方のエッジに重心が移動しないのでターンが出来なくなってしまいます。 板の形状も大事ですがブーツに合わせた板の太さもしっかり選ぶことが大事です!

スノーカイトを楽しむために適したボードの種類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム