スノーモービルを所有するときの注意点

スノーモービルを所有するときの注意点

スノーモービル購入時の注意点

スノーモービルは積雪が多い地域では、日常の交通手段として使われていたり、スキー場でケガ人の救助や山頂への物資輸送などによく使われている、雪上バイクのような乗り物です。 モービルを購入して乗る場合には、日本では内閣府の公示によって「普通自動車」として扱われるので、自動車免許を持っていないと乗れません。ただ、スキー場などの雪山では、法律上は免許が無くても乗ることができるんです。でもいくら自動車免許が無くても大丈夫だとは言っても、スノーモービルでの事故も起きているので、人身事故などを未然に防ぐためスキー場などでは講習を実施して安全に努めています。 個人的に乗る場合もきちんとルールを守ることが大事です。

スノーモービルでは保険はどうなる?

モービルを運転するときに疑問なのが、「保険はどうなる?」ってことですね。保険会社によると、スノーモービルでも自動車保険を付けることができるものがあるので、心配しなくても大丈夫です! 一般的にモービルでは原動機の総排気量の大きさによって、適用する車種を決定することになっていて、例えば660cc超~2,000cc以下の場合は自家用小型自動車、125cc超~660cc以下の場合は自家用軽四輪乗用車、125cc以下の場合は原動機付自転車の扱いになります。 この基準をもとにして、所有するモービルの総排気量から保険料を決定していきます。モービルであっても、運転するからには、もしもを考えて備えておくことが大切です。

スノーモービルで公道は走れるの?

スノーモービルで公道を走ることは、バイクと同様に可能のような気がしますが、実際には国土交通省からの認可を受けていないので、ナンバープレートを取得することができないため走行することはできません。 現在の段階では、認定を受けたモービルの製造や輸入もされていないので実際は禁止されていますが、2011年に起こった新潟・長野での豪雪災害を機に、通行止めになって交通手段がなくなってしまった公道に限って、その被災地管轄の警察署に届け出手続きをすれば通行が可能となります。なので、こうした例外ケース以外ではスノーモービルで公道は走れないということです。

スノーモービルを所有するときの注意点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム