船釣りでカサゴ釣りを楽しみましょう

船釣りでカサゴ釣りを楽しみましょう

カサゴを釣りに行くならどこに行く

カサゴは岩場に生息する魚で、堤防や磯、船釣りなどで釣る事が出来ます。 体長は20センチから30センチほどのサイズになりますが、大きなものはお刺身、小さなものは煮つけなどにして食べる事が出来る魚で、深い場所に生息している魚になると大型を狙えたり、深い場所のカサゴは鮮やかな赤色になると言われており、水深や環境などに応じて魚の印象が異なると言った特徴を持ちます。 尚、深場と言っても20~30mほどの深さになりますので、電動リールなどが無くても十分楽しむ事が出来る対象魚と言えます。 但し、生息する場所が岩場などになるため、根がかりをしてしまった時などの予備のオモリやハリなどは用意しておくのがお勧めです。

カサゴを釣りに行くならこの仕掛け!

この魚は岩場などに生息しているのが特徴で、根魚の種類になります。 根魚は根がかりがし易い場所に生息しているので、予備のオモリやハリは多めに用意しておくことがポイントです。 20~30号のオモリを使う事が出来る先調子の竿で、船釣りの場合では2.4mほどの長さが取り扱く、あまり柔らかい竿を使うと、魚がかかった際に、魚が根に隠れようとすることを防止し難いため先調子の適度な硬さの竿を使うのがポイントです。 リール糸の先端にサルカンを取り付け、30センチ先に1本目のハリ、50センチ先に2本目、そして30センチ先に30号から50号のオモリを、スナップ付きサルカンを利用して取り付けます。

このやり方でカサゴが釣れる!

釣り場の環境などに応じてオモリの重さを変えられるように、スナップ付サルカンを取り付けてからオモリをスナップに取り付けるのがコツです。 潮の流れが速い時は重いものを利用すると言った形で釣りを楽しみます。 釣り餌は、サバやサンマの短冊、小型のシコイワシ、キビナゴやドジョウなどを利用します。 また、船釣りでのやり方は、仕掛けを海底に落とした後に、当たりを待ちますが、この魚は餌を一気に飲み込もうとするのが特徴で、ハリが口の中に入ることでアタリが竿先に伝わるので、その瞬間に竿を軽く立てる事でしっかりとハリをかける事が出来ます。 そのため、初心者の人にも楽しめる魚の一つでもあるのです。

船釣りでカサゴ釣りを楽しみましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム