船釣りでイサキを釣りたい!

船釣りでイサキを釣りたい!

イサキを釣りに行くならどこに行く

イサキは水深が20メートルから60メートルの深さの海の中でも、比較的潮通しが良い岩稜地帯を好む魚で、群れを成して泳ぐ習性が在ることからも、1匹釣れると連続して釣れる、もしくはハリに複数がかかると言う一家になる事も珍しくありません。 主に、沖合いの浅場などの場所がポイントとなりますが、沖合に在る堤防や磯などでもヒットするケースが多く在ります。 また、船釣りなどの場合はイサキを釣る釣り船も有るので、初心者の人などの場合は経験を持つ人と一緒に船釣りをする事で釣果を望む事も可能で、釣れたものはお刺し身や塩焼きなど色々な食べ方で味わえるのです。

イサキを釣りに行くならこの仕掛け!

船釣りの場合は、中型の片テンビンを利用して、それに2~3本の枝針を付けると言った仕掛けが一般的で、これを吹き流しと呼びます。 片テンビンにはブラスチック製のコマセカゴを取り付け、クッションを30センチ、その先には枝針を付けます。 枝針は、クロスビーズを取り付け、ハリの根元にはビーズを取り付ける事で魚を呼び込むことが出来ます。 ビーズは蛍光塗料などが塗装されており、これに魚が集まると言う習性を利用している仕掛けです。 また、クロスビーズを取り付ける事で枝針が道糸などと絡む事を防止出来るなどのメリットも在りお勧めのやり方です。

このやり方でイサキが釣れる!

釣竿は2メートル前後のシャクリ竿を利用し、リールは3号のラインを200メートルほど巻くことが出来る中型リールを利用します。 コマセカゴには8割ほどの沖アミを詰め込みますが、水中でオキアミが出てくるようにするため、詰め過ぎに注意します。 餌はオキアミの大きな物を利用したり、イカ短をつけて釣りをします。 船釣りの場合は、船頭さんがタナを教えてくれるので、リール糸を調整してタナに合わせて、釣竿を上下に振ってコマセを水中に流すような形にしてあたりを待ちます。 尚、タナをしっかりと抑える事が大切で、タナの場所を探し出す事で釣果を期待することが出来るのです。

船釣りでイサキを釣りたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム