アイナメ釣り 堤防 船釣り

アイナメ釣り 堤防 船釣り

アイナメを釣りに行くならどこに行く?

アイナメは結構どこにでもいる魚です。「こんな所で!?」という場所でも釣れてしまいます。しかも色々な魚の外道として釣れてくるので、ある意味「どんなやり方でも釣れる」と言ってしまっても良いでしょう。 では、専門に狙うには何が1番良いのか?と言ってしまうと船釣りになってしまうのでしょうが、堤防でも専門に狙えます。根魚なので磯のイメージが強いですが、実は堤防の方が実績がある所が多いのです。船釣りの場合は船頭さん任せですが、堤防など自分で探す場合は「水深がありテトラポットやごろた石の多い場所」ですね。わかり易いのは「堤防の先端」となります。

アイナメを釣りに行くならこの仕掛け

他の魚でも同じですが船釣りと堤防では仕掛けも変わります。しかも日本中にいる魚の上釣りものとしての人気もある為ご当地釣法的なものも多く存在しているので仕掛け選びは悩ましいところです。そこで、おそらく日本で1番普及している仕掛けを紹介しましょう。 まず堤防では「ブラクリ釣り」です。ブラクリという錘に針が結んである物にイソメなどのエサを付けてテトラの隙間や堤防の際などをピンポイントで攻める事が出来る優秀な物です(しかも遠投も可能という万能選手)。船釣りでは寝掛かりの多い場所での釣りとなるので胴突きの2~3本針が無難な選択かな?と思います。

このやり方でアイナメが釣れる 基本テクニック

アイナメという魚は基本的に「典型的なフィッシュイーター」です。動く物が大好きです。でも根は少し臆病な引きこもり気味なちょっと変わった魚です。 では、こういう魚を狙って釣るにはどうするか? 答えは簡単。どんどんエサもしくはルアーを動かして「ゴハンあるよ~」とアピールしてあげれば良いのです。外が賑やかだとフィッシュイーターとしての本能がうずくんでしょう。その場に居ればまず反応はあるはずです。それとよく言われるのが仕掛けが着底した直後のアタリの多さです。これも確かに多いです。どんどんポイントを変えて探っていくのも確実な釣果アップに繋がるでしょうね。

アイナメ釣り 堤防 船釣り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム