サワラ釣りを船釣りで楽しむ方法

サワラ釣りを船釣りで楽しむ方法

サワラを釣りに行くならどこに行く

サワラは体長が60センチ前後のサイズの魚で、船釣りの場合は主にトローリングなどの方法で釣ることが出来る魚です。 尚、トローリングなどでは1メートルを超える大型サイズを釣ることも出来ます。 また、この魚はブリなどの魚のように成長する事で呼び名が変わる出生魚であり、60㎝以上をこのように呼び、40センチから50センチのものをサゴシもしくはサゴチと呼び、50センチから60㎝のサイズはナギと呼ばれています。 尚、船釣り以外でも小型のサイズなどでは堤防で釣る事が出来る魚であり、小アジやイワシなどの活き餌を使って釣ることが出来ます。 ポイントとなる場所は、船釣りの場合であれば乗合船の船長さんが連れて行ってくれます。

サワラを釣りに行くならこの仕掛け!

比較的暖かい海を好む魚であることからも、日本海や瀬戸内、太平洋沿岸などの広い地域で釣る事が出来ます。 釣り場所に着いたら船頭さんの合図とともに仕掛けを下します。 タックルは大型の両軸リールで、4号から6号のラインを200mほど巻くことが出来るリールを利用し、釣竿はアジビシ竿などの胴付きタイプ、ハリスは6号から8号を利用し、ハリはアジやイワシなどの小魚を利用する場合は丸セイゴの13~16号を利用します。 また、ジギングを利用する方法もお勧めで、ロッドはルアーロッドの2.4m前後の竿に、3号のラインを巻いたスピニングリール、メタルジグでのジギングを利用したタックル仕掛けで釣ることが出来ます。

このやり方でサワラが釣れる!

サワラ釣りは船の場合ではアジやイワシなどの活き餌を使った仕掛けを使い、堤防などの場合はジギングと呼ばれる疑似ハリを利用して釣りをすることで釣ることが出来ます。 尚、活き餌を利用した場合のやり方における注意点は、アジやイワシを弱らせないようにハリにかけることです。 アジやイワシの口は壊れやすいので、下顎から真っ直ぐ上に向けて上顎に通す形で取り付けます。 後は、水中を泳がせていることで、エサを追いかけてかみついてくるので、この時のアタリを逃さずに大きく合わせる事で釣ることが出来るのです。 尚、大きな口の中には鋭利な歯が沢山並んでいるので怪我をしないようにするのが大切です。

サワラ釣りを船釣りで楽しむ方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム