イワナ釣り 船釣りには無い魅力

イワナ釣り 船釣りには無い魅力

イワナを釣りに行くならどこに行くのか

イワナの住む場所は渓流、それも多いのはダムのさらに上流の源流と呼ばれる様な場所です。こういった所ではさすがに船釣りは無理ですね。というか、乗っていればポイントにい着く船釣りと違い徒歩で沢を歩きポイントを目指す事になります。沢歩きですから、もう登山と同じかそれ以上の過酷さですね。それを乗り越えた先の一匹にこの釣りの魅力があるわけです。ですが、もちろん危険もあるわけで毎年の様に遭難事故があります。ので、体力と腕に自信の無い方は管理釣り場にしておきましょう。こちらも場所にもよりますが魚の手強さと雰囲気は本格的です。

イワナを釣りに行くならこの仕掛け

この魚は野生だろうが養殖だろうが警戒心が強いです。ので、仕掛けは自然と細い物になっていきます。道糸は1号、ハリスは0・6~0・8号、針は渓流針が良いでしょう。ウキは無しです。まあ付けても流れに飲まれて役には立ちません。アタリは竿先と目印で判断します。仕掛けの全長は竿より短くしておくと扱い易いですね。ヤマメなどより引きが強く、大物の可能性もありますのでこれでもやや太目の設定となっています。警戒心が強いのでラインは細くなければダメなのにあまり細くしても引きが強いのでラインを切られてしまう。なんとも悩ましい事です。

このやり方でイワナが釣れる?

この釣りに限らず釣りに絶対に釣れるやり方はありません。が、コツはあります。イワナを狙う場合は警戒心が強い魚なので気配をなるべく消す事です。そしてなるべく魚から見えない様にします。服装から入る人もいて、何故か迷彩服チョイスという事もあります。確かに風景には溶け込みますが、沢に立った場合など逆に目立つ場合もありそうですがこれも一つの手だとは思います。そして気配を消しつつ、ここだ!というポイントを正確に狙う事ですね。ポイントを外しては釣れるものも釣れません。ポイントはヤマメと違い、流れの本流、そして水深のある所になります。

イワナ釣り 船釣りには無い魅力

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム