カンパチ釣りを船釣りで楽しむ方法について

カンパチ釣りを船釣りで楽しむ方法について

カンパチを釣りに行くならどこに行く

カンパチは、スズキ目スズキ亜目アジ科ブリ属に属する魚で、体長40センチから1メートルが釣りの対象となるサイズで、アジ科の魚の中ではヒラマサなどに匹敵する大型の魚です。 尚、中には2メートル近いサイズも存在していると言われており、船釣りで楽しめる魚です。 日本の釣り場と言うのは東北地方より南側になっており、関東から関西、四国地方や九州地方などのエリアにポイントとなる場所が有ります。 船釣りは、船頭さんの案内によりポイントまで連れて行ってくれて、船頭さんの合図とともに仕掛けを下して開始すると言った流れになります。 また、乗合船の中でもカンパチを狙う船を利用する事で目的の魚を釣る事が出来ます。

カンパチを釣りに行くならこの仕掛け!

釣期は場所や釣法により違ってきますが、一般的に乗合船が多く出るのは7月頃から11月にかけてであり、水温が低くなるにつれ、脂がのった大型を釣ることが出来ます。 尚、日本近海では季節的な回遊を行う性質が有り、春から夏時期にかけて北上して、初冬から春にかけて南下します。 そのため、このタイミングを狙って乗合船を利用して釣ることになるわけです。 尚、仕掛けは磯などでは泳がせ式の仕掛けを使って行うのが特徴で、竿は大物用の5メートル、リールは大型の両軸タイプを使います。 大型がヒットする事もあるので、ハリスはフロロカーボンの10号から15号を3メートル、ハリはヒラマサ10~13号、エサはアジなどを使うやり方になります。

このやり方でカンパチが釣れる!

潮通しの良い磯場、堤防などにも回遊をしてきますが、沖合にある堤防などは大型も回遊してくるので、狙う場合は大型用のタックルを用意しておくことがお勧めです。 尚、やり方としてはアジなどの小魚を使った泳がせによるやり方になります。 そのため、アジを弱らすことなくハリに付ける事などがポイントになってくるわけです。 また、泳がせの場合はエサをしっかりと口の中に入れるまで合わせるのを待つのがコツで、早合わせをせずに、口の中に入れて食い込ませた段階で合わせます。 尚、ウキを利用している場合は、完全にウキが水中に消えた段階で合わせ、ハリを口にかける事が出来ます。

カンパチ釣りを船釣りで楽しむ方法について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム