カレイ釣りを船釣りで楽しもう

カレイ釣りを船釣りで楽しもう

カレイを釣りに行くならどこに行く

カレイはマゴガレイとイシガレイの2つの種類がいます。 どちらが釣れるのかは釣り場所により異なります。 まず、マコガレイは内湾性の特徴が在り、砂泥底の海底に生息しています。 一方、イシガレイは生息範囲が広いため、投げ釣りや堤防での釣りで良く釣れるカレイになります。 尚、マコガレイは船釣りで釣ることが出来ますが、イシガレイの生息範囲が広いため、マコガレイの外道としてイシガレイが釣れる事も有りますし、同じような生息地を好むメゴチやシロギスと言った魚を釣ることも出来ます。 船釣りの場合は魚が生息している場所まで船で連れて行ってくれるので初心者の人でも高級魚とも言えるマコガレイを釣る事が出来ます。

カレイを釣りに行くならこの仕掛け!

マコガレイは体長が20~50センチと言われており、大型のものになると50センチを超える事も有ります。 船釣りでの仕掛けは、20~30号のオモリをつける事が出来て、竿先が敏感に感じられる先調子がお勧めです。 エサを食べても大きなアタリは無いので、竿先の動きなどで合わせる必要が在るからです。 また、船の真下だけではなく、軽く投げて釣る事も有るので、初心者の人は両軸リールよりもスピニングリールの方が使い勝手が良いのでオススメです。 尚、水深は20~30mほどになりますので、3号程のラインが100mから200mほど巻くことが出来るリールがお勧めです。

このやり方でカレイが釣れる!

仕掛けは小型の片テンビンに釣り場所に合わせてオモリを選びます。 潮の流れが速い場所では30号と言った具合に変えられるように用意しておきます。 ハリは枝針を使いますが、市販の仕掛けを使っても構いません。 エサは青イソメを5~6センチほどの長さにして2~3本取り付け、潮の流れを見た上で、少しだけ投げてあげてから道糸をたるませた状態で、時々糸を張る感じにしながらアタリを待つと言ったやり方で行います。 竿先にアタリを感じたら、少しだけ間をおいてあげてから竿先を上に持ち上げてエサを飲み込む事で重みを感じるので、ゆっくりと巻き上げれば釣る事が出来ます。

カレイ釣りを船釣りで楽しもう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム