ヒラメの船釣り、陸での釣り

ヒラメの船釣り、陸での釣り

ヒラメを釣りに行くならどこに行く

ヒラメの生息域は水深50~200メートルと言われる通り、この魚を狙うには基本的に船釣りになります。しかし、陸からは釣れないのか?というとそうでもありません。あの平たい体を砂に潜らせている姿からはちょっと想像出来ない程、実は移動をしている魚だからです。特に産卵期やゴハン時には意外な程浅場にも寄ります。よって、岸壁なんかもポイントになってしまいます。 では陸からはどんな時にどんな場所で狙うのか? まず、底は砂泥地が良いです。そして、多少水深がある場所。ズバリ、遊泳禁止の様な砂浜、もしくは大型船が発着する様な岸壁という事になりますね。こういった場所には常にチャンスがあると思って良いでしょう。

ヒラメを釣りに行くならこの仕掛け

この魚はルアーで狙う事も多いですが、釣果を求めるのであればエサ釣りに分があります。エサ釣りであれば船釣り、陸からの釣り問わず胴突きタイプの1本針仕掛けが定番です。 もちろん、釣り場ややり方によってはそれも変わってきますが、1本針仕掛けは全国的に定番となっているだけあって、その目指す魚の習性からも非常に理に適っていると思います。後は自分の狙うサイズに合わせて針やハリスのサイズを選ぶだけです。多くに孫針が付いていますが、あまり気にしなくても良いでしょう。釣りの仕掛けはシンプルで済むならなるべくシンプルなのが良いのです。

このやり方でヒラメが釣れる、かも!?

この魚は底物という事で誤解されている面が多々あります。砂に潜ってじーっと気長に獲物を待っているというイメージもそうですが、果たしてそれは正しいのでしょうか? 答えはNOだと思います。底物でエサを待つという事は間違い無いのですが、少なくとも気長などころがエサを求めて中層まで浮いてくるくらいアグレッシブな性格ですし、何よりもヒラメの目は上を向いています。要するに、エサが底にあっては彼らには見えないのです! ですので、エサが魚から見える位置にタナを設定するという事が非常に大事であり、釣果に繋がる事です。アワセやなんかは二の次の事ですね。

ヒラメの船釣り、陸での釣り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム