船釣りで鯛を釣りたい!

船釣りで鯛を釣りたい!

鯛を釣りに行くならどこに行く

鯛を釣りたい場合は船釣りで釣ることが出来ます。 海老でタイを釣ると言った言葉が在るわけですが、海老もタイも高級な食材として知られており、おめでたい席ではこれらの食材は欠かせないとも言われています。 船釣りでのタイ釣りと言うのは、タイを釣ることが出来るポイントまで船頭さんが連れて行ってくれるので、初心者の人でも楽しむ事が出来ます。 但し、そこにはタイがいると同時にエサ取りとなる外道も多くいるため、鯛が生息している棚まで仕掛けをいち早く落とすことがポイントであり、もたもたしていると、棚にエサが着くまでの間にエサ取りの外道にエサを食べられてしまいます。

鯛を釣りに行くならこの仕掛け!

タイの仕掛けと言うのはエサ取りに食べられないようにするためと、水深が30~100mの岩礁帯、海底が砂礫底になっている場所に生息している事からも、エサをポイントまで一気に落とすため、オモリは100号から120号のものを利用します。 また、オモリがこれだけの重量が在るので、釣竿もオモリの荷重に耐える事が出来るもの、そして魚が釣れることで荷重は多くなりますので、胴調子の竿を利用し、手持ちの場合は3メートル弱、置き竿の場合は3~4メートルの長さを利用します。 また、リールは3~5号のラインを200m以上巻くことが出来る電動リールがお勧めで、コマセの場合はコマセカゴを取り付け、シャクリはテンヤ針を使います。

このやり方で鯛が釣れる!

釣り場所は船頭さんが魚群探知機で探し出してくれるので、船頭さんの指示に従って開始となります。 コマセを利用する場合は、水中でコマセカゴからコマセが出て来るように、竿を上下に振るなどとしてコマセを水中でばらまかせて行います。 シャクリの場合で、親バリと孫バリの2つを利用する場合は、大きめの海老エサを親バリに取り付け、小ぶりの海老エサを孫バリに取り付けます。 また、タナを取る方法として、一般海底までテンビンを沈めて行う方法も有ります。 尚、シャクリは海老が踊るように見せかけるのがコツで、竿を一旦下に下げてから、シャクリ上げるのがコツで、周りにいる人のやり方を見るのも上達のコツなのです。

船釣りで鯛を釣りたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム