船釣りには無い面白さ テナガエビ釣り

船釣りには無い面白さ テナガエビ釣り

テナガエビを釣りに行くならどこに行く

テナガエビの好んで住む所は淡水や汽水域の河川や湖沼の流れの緩やかな場所です。川でしたら海に注ぎ込む川の河口なんかが良いですね。テトラやゴロタ石など隠れる所があれば完璧です。浅い所に群れますが体がほぼ透明なので水中にいる姿は見えずらいです。ので、ここだ!と思った所で適当に竿を出してポイントを探ってみましょう。そこにいればすぐアタリがあります。一匹釣れれば後は群れているのでそこで釣り放題です。船釣りの様にポイントに連れて行ってはもらえないので自分である程度目星をつけて足で探しましょう。割とすぐに見つかると思います。

テナガエビを釣りに行くならこの仕掛け

この釣りでの仕掛けは竿は2メートル前後の延べ竿、道糸は1号ハリス0・6号針は専用のエビ針がおすすめです。普通の針でも良いですがカエシが付いていると口が堅いので外れにくく針を外す際になかなかに可愛そうな事になりかねません。普通の一本針で良いのですが胴突き仕掛けもアリです。といっても船釣りで使う様な物では無くハリスの長いアンダーショットリグという感じです。そしてウキは流れ次第で玉ウキと棒ウキを使い分けます。アタリの小さな繊細な釣りなので、このウキにこだわると沖の大物狙いでは味わえない繊細さがより楽しめ、より面白いです。

このやり方でテナガエビが釣れる

この釣りの場合はやり方というより場所が大切です。言ってしまえば場所が良ければ後は何とかなります。タナをきちんと取ること、早アワセをしない事、これを守れば大丈夫なはずです。テナガエビは餌を手で持ってから口に運んでゆっくり食事をするので最初のアタリがあったら慌てずにエビの食事風景でも想像して待ちましょう。本アタリは少し大きく出ます(ウキ次第では違いが分からないといった事もあるのでウキはなるべく感度の良い物を)本アタリがあったらゆっくりと竿を上げれば良いのです。タナゴ釣りと並び称される繊細な釣りの面白さがここにあります。

船釣りには無い面白さ テナガエビ釣り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム