船釣り入門、ハマチ釣りを楽しもう

船釣り入門、ハマチ釣りを楽しもう

ハマチを釣りに行くならどこに行く

ブリは成長過程の中で名前が変わる出生魚ですが、はまちと言うのは関西エリアでの呼び名として知られており、40~60 cmのサイズをはまちと呼んでいたり、イナダやワラサなども関西でははまちと呼んでいるなど、はまちはブリの小型サイズでもあるわけです。 はまちは、船釣りで釣ることが出来るのですが、釣り場としてはイナダやワラサなどと同じような場所での釣りになります。 初心者の人でも、乗合船を利用する事で体長40~60cmクラスのはまちを釣ることが出来るわけですが、船釣りでのタックルはサイズが大きい事からも大物用のタックルが必要になります。

ハマチを釣りに行くならこの仕掛け!

釣り場所は船頭さんが案内をしてくれるので船頭さんの合図とともに釣りのスタートとなります。 カッタクリと呼ばれる仕掛けを使うのが基本的なやり方で、1.5~2mの長さの竿、リールは中型の両軸リールで、ラインは4~6号を200m巻けるものを選びます。 中型から大型のテンビンに、オモリがついているプラスティック製のアミカゴを取り付けます。 オモリは100~200号のサイズとなるので、竿の荷重負荷は200号以上の物を選びます。 パケと呼ばれる疑似ハリを枝ハリにして利用し、ハリスの長さは上段が7センチ、下段は1mとして、6~8号のハリスを利用します。

このやり方でハマチが釣れる!

パケと言うのは魚の皮を利用した擬餌針で、利用する時にはなじませるために海水に10分ほど浸しておくことが大切です。 アミカゴにコマセを入れて、ハリスなどから先に海の中に入れてあげてからアミカゴを落としてスタートとなります。 船頭さんがタナを教えてくれるので、タナまで仕掛けを落とし、釣竿を上下に動かしてコマセをばら撒きます。 コマセが海中で漂う事ではまちが寄ってきて、パケに食いつくと言う誘いによる釣法で、パケを食う事で竿先が大きくしなるため、この瞬間に竿を上にあげて合わせを行い、魚の口にしっかりとハリを引っ掛ける事で釣ることが出来ます。

船釣り入門、ハマチ釣りを楽しもう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム