メジマグロ釣りを船釣りで楽しみましょう

メジマグロ釣りを船釣りで楽しみましょう

マグロを釣りに行くならどこに行く

マグロの中でもメジ鮪マグロと言うのは黒鮪の子供です。 子供と言っても、1~2kgの小さいサイズも有れば、10kgを超す大物まで様々です。 黒鮪と言うのは高級食材としても知られているわけですが、これを船釣りで釣ることが出来るのです。 因みに、黒鮪は200kgを超える大物となりますが、カツオ釣りとの両狙いで、メジ・カツオと言った乗合船を利用する事で高級食材の子供を釣れると言う事なのです。 尚、釣期としては8月から11月にかけて、関東周辺での船釣りで楽しめます。 また、サイズも様々ですので大物がヒットした時などはダイナミックな釣りを楽しめると言った魅力も在ります。

マグロを釣りに行くならこの仕掛け!

釣り場所と言うのは船釣りであれば船頭さんが魚群探知機を見ながら魚の群れを探し、場所を移動しながら船釣りを楽しめます。 仕掛は、中型から大型の天秤にプラスチック製のビシと呼ばれるコマセかごを取り付け、コマセかごにはオキアミなどのまきエサを入れます。 天秤には8~12号の太さのハリスを3メートル取り、ハリはヒラマサ12号以上のサイズを使い仕掛けを作るやり方になります。 リールは中型以上の両軸リールで、4~6号のラインを200メートル以上巻いてあげること、竿は1.5~2.4m程の長さで、7対3調子のものがお勧めとなります。

このやり方でマグロが釣れる!

瞬発力は魚の中でも1位と言われているほどパワーが在る魚です。 そのため、エサを口の中に入れると一気にもって行こうとします。 この状態の時に無理やり巻き上げるとラインやハリスはひとたまりもありませんので、竿でためておいて持ちこたえた上で、魚の頭を手前に向けた段階でリールを巻き上げるやり方で行います。 また、魚が水面に上がって来た段階で速やかにタモを使って魚の頭から取り込むようにします。 尚、エサはオキアミの大きなものを2~3匹抱き合わせた状態で取り付ける事、そしてコマセかごの中にオキアミを詰める場合はあまりぎゅうぎゅうに詰め来ないようにするなどのエサの付け方などのポイントが在ります。

メジマグロ釣りを船釣りで楽しみましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム