船釣りで楽しめるアジ釣りに挑戦してみましょう

船釣りで楽しめるアジ釣りに挑戦してみましょう

アジを釣りに行くならどこに行く

アジは日本を代表する魚の一つで、塩焼き、開き、刺身、たたき、煮つけ、から揚げや天ぷら、フライなど色々な食べ方で味わう事が出来ます。 また、1年を通した釣りを楽しめると言ったメリットも有り、船釣りでの対象魚になっているケースが多く在ります。 堤防などではウキを利用したり、コマセを使ってのサビキなども人気が高く、夏場になると夜釣りでの対処魚と言った具合に人気が高い魚です。 船釣りの場合も、サビキを使う事で仕掛けについている擬餌針に多数の魚が掛かり、一度に数匹もの魚を釣り上げる事も出来るなどの魅力が在ることからも人気が高いのです。

アジを釣りに行くならこの仕掛け!

船を利用した場合は、船頭さんが魚群探知機などの専用の機械を使って群れの在る場所に案内をしてくれます。 ポイントとなる場所に到着したら、船頭さんの合図とともに仕掛けを投入すると言ったやり方で船釣りは楽しむ事が大切です。 尚、仕掛けはエサを使う場合とサビキを使う場合で異なりますが、エサを使う場合はイカを使った方法で行うのが何時パン的です。 また、潮が濁っている時などは青イソメを使う事も出来るなど、色々な方法で狙う事が出来ます。 中型サイズのテンビンにコマセカゴを取り付けたものを利用し、テンビンには道糸4号、枝ハリスに2号を利用し、ハリはムツ針の9号から10号を利用します。

このやり方でアジが釣れる!

コマセカゴの中にはオキアミなどのコマセを詰めて行うのですが、コマセは水中でコマセカゴから出て来るようにするため詰め過ぎには注意が必要です。 竿を上下に振る事でコマセカゴからオキアミなどのエサが水中にばらまかれ、アジの群れが訪れると、ハリについているエサを目がけて集まって来ます。 また、棚はその時の潮などの海の状態によって異なりますが、船頭さんから底から何メートルの場所に群れが在ると言う事を教えてくれるので、その棚の上下2メートルの範囲の中に仕掛けが入るようにします。 そのため、最初に底を取り、船頭さんの指示に従って棚の場所までリールを巻き上げるのがポイントとなります。

船釣りで楽しめるアジ釣りに挑戦してみましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム