船釣りでヤリイカ釣りを楽しもう

船釣りでヤリイカ釣りを楽しもう

ヤリイカを釣りに行くならどこに行く

ヤリイカはその姿から槍の穂のように見える事からも、このような呼び名が付いたと言われています。 主な生息地は、南は九州から北海道にかけてと幅広い場所に生息をしており、岩礁交じりの砂地などの場所がポイントとなります。 また、水深が80~200mと深い場所に生息している事からも船釣りで狙う形になります。 体長は20~40センチで、胴長が特徴で、80~200メートルの海底から10メートルほどの位置が生息エリアであり、船釣りでの釣りは、一度仕掛けを海底まで落とすか、リールについているメータを見て棚まで落とすと言った釣り方になるのが特徴です。

ヤリイカを釣りに行くならこの仕掛け!

釣りの仕掛けはエサを使わないもので、プラスチック製のプラ角、スッテなどを利用して、小魚のように見せかけると言ったやり方になります。 プラ角は、道糸に数本取り付けるのですが、リール糸の先端から上糸を1メートル、その後プラ角を約1.2m間隔で取り付け、途中にスッテと呼ばれる小魚のような形をした釣具を取り付けます。 ラインの先端には120号から150号程のオモリを取り付け、釣竿は先調子の物を利用する事、そして長さとしては2メートル前後の釣竿が最適です。 リールは4号のラインが300mほど巻くことが出来る電動式のリールを利用して行います。

このやり方でヤリイカが釣れる!

水深が深い場所に生息しているため、仕掛けの巻き上げなどは電動式リールが役立つ存在になってくれます。 また、仕掛けを一気に棚まで下すため、120~150号のオモリを利用するのが特徴です。 尚、船頭さんの合図をすることで投球する事になりますが、この時は出遅れないようにします。 特に、群れの移動が大きい時などは、投入が遅れてしまうと群れを逃がしてしまう事もあるので、船頭さん合図を見て落とすのがポイントとなります。 投入後は竿先を水面に向けて道糸と竿のガイドの抵抗を減らすようにします。 尚、ヤリイカがプラ角に乗ったら、竿先の動きを見ながらゆっくりと巻き上げるのがコツです。

船釣りでヤリイカ釣りを楽しもう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム