高知で友釣りや船釣りを楽しむ

高知で友釣りや船釣りを楽しむ

『四国で川釣りするならどこに行く?』

四国で船釣りというと、まず浮かぶのが高知ですが、高知といえば四万十川も、釣り人に人気があります。 四万十川は、日本最後の清流と言われる四国最長の美しい川です。 不入山の中腹から蛇行を繰り返して大河となり、太平洋へと流れています。 四万十川には、日本全国から観光客が訪れますが、釣りが目的で訪れる観光客も多いです。 人気が高い河川なのに、釣りで有名な他の河川とは違って、釣り場を確保するための苦労がないのも魅力のひとつです。 蛇行の影響で、ポイントが広い範囲に点在しているため、周りを見渡すと、釣り人は自分しかいないことも珍しくないのです。

『どんな魚が釣れるの?』

四万十川で釣りと言えば、やはり天然アユの存在が大きいです。 特に秋になると、天然アユを釣る人が増えます。 昔は、四万十川のアユというと、釣れる数で有名だったのですが、どういうわけか、ここ数年は大アユが釣れることで有名になっています!。 上流から下流までの広範囲でアユが取れますが、素揚げにすると美味しいテナガエビなども清流に棲んでいます。 釣る場所を河口部に移せば、アカメやシーバスを取ることもできます。 アカメは生息場所が限られており、アカメを取ることができるのは、高知だけなのです。 高知には、毎週のように船釣りを楽しむ人もたくさんいて、趣味が同じ人同士の交流も活発です。

『準備するものは?』

魚を釣るために準備するものは、意外と多いです。 最低限必要なものは、竿とリール、鉤、オモリ、ウキなどの小物です。 竿は、価格の幅が広く、1000円程度のものから10万円以上するものまで、様々な種類があります。 材質は、現在ではカーボン製の竿が主流となっています。 釣具店には、釣具について詳しく説明してくれる店員がいるので、迷ったりわからないことがあれば相談してみるといいでしょう。 竿と小物の仕掛けがあれば、魚を釣ることはできますが、釣った魚を入れるバケツ、クーラーといったものも必要ですし、季節によっては防寒具も必要になってきます。

高知で友釣りや船釣りを楽しむ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム