瀬戸内海で釣りをする際の船釣りをするなら

瀬戸内海で釣りをする際の船釣りをするなら

船釣りを瀬戸内海で海釣りするならどこに行く?

釣りをする人のあこがれとして、通常は陸の上から水深が浅い場所で釣りをするものですがそうではなく船に乗り水深の深い場所で釣りをする船釣りです。。その船釣りの楽しさは陸と違い水深が深い場所で釣るため陸では釣れない大物が釣れることです。その大物を狙うなら1年を通して釣果の高いのが瀬戸内海であり、この海は四国と中国地方にまたがる海流の海で、2つの海流のぶつかり合うことで様々な魚を釣ることできます。その瀬戸内海で海釣りするならどこに行くのがいいのかというと、大物狙いなら波の接点の真っただ中である徳島県と広島県そして五目釣りなら香川県から岡山県の西側で行うと良いです。

瀬戸内海ではどんな魚が釣れるの?

先にも言いましたが、この海は北からの冷たい海流と南からの暖かい海流がぶつかり合うことで上質なプランクトンが発生しそれを餌に様々な種類が1年を通して釣ることができます。春で言えばカサゴやメバルとアイナメそして大物では春を代表する魚と言える鰆が釣れ、そして夏ではアジやイワシなどの青魚と天ぷらで美味しいキスが釣れ大物では初鰹が旬を迎えます。そして秋ではタチウオや鯖などの大型の青魚と穴子やカレイなどが釣れ大物では磯付近にいるクロダイが釣れ、そして冬では北側で釣れる種類として大物であるハマチやカンパチなど本当に!一年を通して大物が釣れるため憧れのスポットといえます。

船釣りをする際の準備するものは?

瀬戸内海で大物がつれるのには南からの海流と北からの海流が入り込むことですが、しかし海流が入り込むだけならいいのですがこの海の特徴として狭い範囲でぶつかり合うことで鳴門の渦潮を代表するようにどんな海よりも海流が激しいことで有名です。そのため実際に準備するものは専用のロッドや撒き餌のための餌と釣るための餌が一般的に準備するものになりますが、この場所で釣りをする際にはそのほかにも海流が激しいため船酔い対策としての酔い止めや本来磯釣りをする人のためのものですが海に落ちた時を想定してライフジャケットの装着は欠かせないものであるといえます。

瀬戸内海で釣りをする際の船釣りをするなら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム